スポーツ

大谷翔平に「訴訟危機」! 韓国開幕戦「まさかの欠場情報」浮上で逆恨みのファンが…

 今季からロサンゼルス・ドジャースに移籍した「1000億円プレーヤー」の大谷翔平。3月20日、21日には韓国ソウルでダルビッシュ有、松井裕樹を擁するサンディエゴ・パドレスとのMLB開幕戦が予定されているが、ここへきて厄介な情報が浮上している。それは「大谷の開幕戦欠場が濃厚になった」というものだ。メジャー担当記者が言う。

「昨オフに右ヒジを手術した大谷は、2024年シーズンは打者に専念することが決まっています。ですが、ヒジに負担をかけない打者起用だとしても、もともと開幕に間に合うかは五分五分だった。ドジャースは2月10日(日本時間)にキャンプインしましたが、これは他球団よりもかなり早い。韓国での開幕戦が、通常のメジャー開幕よりも1週間以上早いためです。『急ピッチで仕上げて、故障されてはたまったものじゃない』というのが球団の本音です」

 指名打者での先発出場を大谷本人が公言した、と報じるメディアもあるが、ドジャースにとって大谷は今季最大の目玉選手。状態を見極めた上で、最善を尽くす形のデビューを考えていることは間違いなく、開幕2連戦を回避して、次節の本拠地ドジャースタジアムでのホーム開幕戦がお披露目の舞台になる、とみる向きもあるのだ。前出のメジャー担当記者によれば、

「3月のソウルはまだ寒く、日によっては気温0度以下にもなります。平均気温27度のキャンプ地アリゾナとは大違い。激しい寒暖の差は疲労や故障の原因にもなりますから、どうせ出場しないなら…とアリゾナでの調整を続け、韓国に帯同すらしないかもしれません」

 ただし、欠場となれば納得できないのが、韓国の大谷ファンだろう。実は大谷は日本人でありながら、韓国球界の誰よりも人気が高い選手。この一連の韓国プロチームとの親善試合からメジャー開幕戦をまでを指す「MLBソウルシリーズ」のポスターも大谷が中心で、最も大きくプリントされている。

「パドレスの正二塁手キム・ハソンや、パドレス移籍初年度のコ・ウソクら韓国人選手でも、ドジャースのムーキー・ベッツのような世界的スターでもなく、人気の中心は大谷なんです。二刀流で歴史的偉業を達成した大谷は韓国国内で、もはや日本だけでなく、『我々アジア人の宝だ』と考えられている。開幕戦のチケットはわずか8分で完売し、SNSやオークションサイトでは高額転売も多く見受けられる。期待値の高さがうかがえます。それだけに欠場となれば、物議を醸すことは間違いないでしょう」(在韓ジャーナリスト)

 直近では今年1月、親善試合で香港を訪れたサッカーの大スター、米インテル・マイアミのリオネル・メッシが試合を欠場。試合の契約条項に違反したとして、ファンやスポンサーからメッシとインテル・マイアミ、試合主催者への大ブーイングが飛んだ。

 韓国でも2019年、伊ユベントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドが同様に、親善試合を欠場。こちらはファン162人の連名での訴えにより、主催者が全員に賠償金を支払っている。ウソをつくことを「ロナウドみたいなマネ」と揶揄するネット用語がブームになるなど、騒動は大きな波紋を広げた。

「韓国国内での人気の度合いを考えれば、メッシ、ロナウドよりも大谷の方が上。欠場すれば過激なファンは大谷やドジャース、あるいは試合を主催するMLB機構を逆恨みし、訴訟に踏み切ることも十分考えられるでしょう」(前出・在韓ジャーナリスト)

 大谷のプレーを見たい気持ちは当然わかるが、まずは万全な状態での復帰を願うのが、真のファンといえるのではないか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング