事件

電車ケーブル・蛇口・水道メーターまで…全国で多発する「銅泥棒」に気を付けろ!

 景気の良さを実感している人など、ひと握りの投資家だけだろうが…。

 2月22日の東京株式市場で日経平均株価が反発し、1989年12月29日終値の史上最高値3万8915円を一時、上回った。

 一方で世界的な銅の高騰を受け、全国各地で線路上のケーブルや公園の水飲み場の蛇口、ブロンズ像までが盗まれる治安の悪さを、肌で感じるようになった。

 JR西日本の宇部線と山陽線では1月から2月8日にかけて、レールをつなぐ銅製ケーブルが220カ所で450本以上が持ち去られているのが見つかり、運休や遅れが生じるなどの支障が出た。

 山口県警宇部警察署は2月20日、このうち1件の窃盗に関わった疑いで、宇部市の男性会社役員を逮捕した。

 これ以外にも茨城県北茨城市では橋に設置されていた銅像4体、都内の江戸川や荒川の河川敷の公園などからも、水道の蛇口42点が盗まれている。都内の公園に凶器ともなりうる工具を持った泥棒がうろつくほど、治安が悪化しているのだ。

 中でも生活に直結するのが、水道メーターの盗難である。これまでは大阪府内や埼玉県内の集合住宅や公営住宅の空き家、もしくは戸建ての新築現場が狙われていたが、すでに人が住んでいる新築住宅まで、空き家と間違えられて水道メーターが持ち去られる事件が起きている。昨年12月、埼玉県新座市でのことだ。

 昨今の世界的な環境保護活動の弊害で、銅山開発と採掘に規制がかかると、2020年以降、銅の価格は2倍から6倍に高騰している。日本人の貧富が両極化し、富める者は株、貧しい者は銅泥棒へと駆り立てられるのだろう。

 バブル期の日本国内は寝台特急が行き来し、夜中まで電車が動いていたから、線路のケーブル泥棒なんてできるわけがなかった。現在は深夜12時を回ったら山手線の外回り、内回りのいずれも、池袋や大崎の先まで帰れなくなる。

 銅板を使ったエクステリアやガーデニング、ペット逃亡予防の柵を使っている人は、盗難防止の補強や監視カメラ設置で自衛した方がよさそうである。

(那須優子)

カテゴリー: 事件   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」