政治

岸田総理「4月電撃訪朝」で「新拉致被害者」帰国の舞台裏(2)2人の拉致被害者がタブーにされた

 02年9月、小泉純一郎総理(82)が訪朝し、金正日総書記(享年70)と日朝首脳会談を行った後、拉致被害者5人が日本に帰国できたのは周知の通りだ。

 それから、拉致問題は一向に進展せずに膠着状態が続いている。しかし、14年に北朝鮮側から水面下で「2人が生存している」という情報が寄せられた。

 政府が認定している拉致被害者の田中実さんと、「拉致の可能性を排除できない行方不明者」としている金田龍光さんだ。有力情報にもかかわらず、なぜ日本政府はダンマリを決め込んでいるのか。自民党関係者はこう説明する。

「北朝鮮側は田中さんと金田さんの一時帰国を提案する一方、再調査の『中間報告』で横田めぐみさんらの安否不明者は『死亡』と主張を変えず、拉致問題を終わらせようとしたのです」

 政府としては到底受け入れられる内容ではなかったのだろう。五味氏が続ける。

「田中さんと金田さんは同じ養護施設の出身で、日本に家族や身寄りがないと言われていました。北朝鮮にすれば一時帰国しても、ハレーションが少なく都合がよかったのかもしれませんが、日本政府は横田めぐみさんや有本恵子さんが帰国しなければ、世論が納得しないことを懸念していました。それで安倍晋三総理(享年67)が提案を拒否したのです。そこから拉致問題は停滞し、日本政府にとって田中さんと金田さんの話はタブーになりました」

 20年6月の参院本会議でも2人について質問された安倍総理の答えは、

「支障をきたす恐れがあるので答えは差し控えます」

 と、にべもないものだったが、ここに来て拉致問題が大きく進展する可能性が出てきたのだ。

 日朝首脳会談が実現すれば、日本が拉致問題の交渉をしてくることは明白なので、北朝鮮はすでに周到に準備を進めているという。五味氏の内部情報によれば、

「日本にいる脱北者の方に聞いた話では、平壌郊外に帰国する候補者を3つのグループに分けて、『特閣』(グレードの高い宿泊施設)に集めています。そこでは、帰国した時の見栄えをよくするため、肉を食べさせてガリガリの体を増量させ、治療ができずボロボロになった歯を治したりしている。また、田中さんと金田さんを公の場に出して記者会見をさせたり、日本政府が把握していない拉致被害者を帰国させるという話も出ているそうです」

 そうなると俄然注目されるのが、3月のW杯2次予選で「接触」した後の「電撃訪朝」のタイミングだ。

「岸田総理は外務大臣を4年8カ月務めた経験もあり、外交上で実績を残したい野望を持っています。今の様子だと、4月、5月、6月にでも電撃訪朝を検討して、小泉元総理と同じように『成果』を上げようと考えているのではないでしょうか」(五味氏)

 一方、この極秘交渉の裏で、日朝首脳会談を是が非でも実現させたい北朝鮮の思惑はどこにあるのか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え