社会

人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選

 鉄道路線には正式名称のほかに、愛称がついていることが多い。山形県を走るJR左沢線(あてらざわせん)は「フルーツライン」、茨城のJR水郡線は「奥久慈清流ライン」と、乗りたくなるような素敵な名前がついている。

 だが、鉄道会社がつけたこれらの正式な愛称と違い、自然発生的に誕生し、鉄道好きが使う愛称には、とても人前では口にできないものもある。

 そのひとつが「東武アーバンパークライン」。もともとは「東武野田線」だったが、2014年にこの愛称がつくと、今ではアーバンパークラインが正式名称のような扱いになり、車両には「TOBU URBAN PARK LINE」と表記されている(写真)。

 そんなアーバンパークラインを鉄道ファンは「アーパー線」と呼ぶ。「アーバン」と「パークライン」の頭を取って作られた略語だが、「アーパー」には「間抜け」という意味がある。すでに死語だが、50歳以上の人にはおなじみの言葉だ。

 JR横須賀線の愛称は「スカ線」。「ヨコスカ」の「スカ」なのだが、スカには「ハズレ」という意味があり、いい愛称とは言えない。

 最も問題なのは、千葉のJR久留里線(くるりせん)の愛称だろう。木更津駅と上総亀山駅を結ぶ、路線距離32.2キロの短いローカル線。地元では「パー線」と呼ばれている。久留里線がなぜ「パー」なのか諸説あるが、鉄道ライターによると、

「地元では『くるりからくるくる…で、パー線になった』と言われています。また久留里線のマナーの悪い利用客を『くるくる…だ』と批判したことから呼ぶようになった、という説もあるそうです。『パー』はあまり口に出していうのような言葉ではありませんが、木更津周辺ではよく使われていいます。高校生たちは3時台に1本ある下り列車を『3時パー』、4時台であれば『4時パー』と呼んでいます」

 今の愛称が全てダメというわけではないが、もっと素敵な名前になってほしい。

(海野久泰)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」