芸能

次から次へとオトコが現れる斉藤慶子「魔性すぎる魅力」の根源/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 あのキラキラした瞳で見つめられ、ちょっと鼻にかかった声で「そんなことあるわけないじゃないですか~」と言われようものなら、底意地の悪い芸能記者らも、つい突っ込んだ質問を躊躇してしまう。それがかつて「魔性の女」として芸能マスコミに次々と話題を振りまいてくれた、斉藤慶子である。

 彼女はJAL沖縄のキャンペーンガールから芸能界入り。しかし「某パイロット」に始まったその華麗なる恋の噂は鶴見辰吾、石立鉄男、田中健、江川卓、野口五郎、神田正輝、沖田浩之と枚挙にいとまがなく、当時の芸能マスコミは「女・火野正平」と評した。

 コンプライアンス厳守の現代なら「誰がそんな失礼なこと言ってるんだ!」とバッシングされるであろうニックネームも全く意に返さないモテっぷりを、いかんなく発揮してくれたものである。

 そんな斉藤と「必殺シリーズ」で人気だった京本政樹との熱愛が、一部週刊誌に報じられた。1988年秋のことである。だが京本はその年の1月に一般女性と結婚したばかりで、報道が事実なら不倫関係となるわけだ。

 同年9月11日、六本木のテレビ朝日で記者会見を開いた斉藤。「私は潔白ですからね!」と表明するかのような純白の衣装で報道陣の前に登場すると、やはりキラキラした瞳で、こう語った。

「あの報道には本当にビックリしたし、腹が立ちました。京本さんとはお仕事で何度かご一緒したことはありますし、パーティーの流れで5~6人でお酒を飲みに行ったこともあります。でも、誤解もいいところです。私も年頃だし、結婚もしたいから…困ります」

 むろん京本も「何度か共演はしていますが、デートなどしたことはない」と全面否定。当事者が否定するのは当然のことだが、真意はともかくとして、なぜ彼女にはこう次から次へと男性との噂が流れるのか。しかもその大半は、番組での共演がきっかけだ。その理由を、彼女を知るテレビプロデューサーが明かしてくれた。

「彼女は熊本出身なんですが、芸能界入りしてからも変にスレたところがなく、誰に対してもフレンドリー。ただ、いかんせん、あの美貌とナイスバディですからね。男の方が勝手に誤解してしまうんですよ。だから彼女が本気かどうかは別にしろ、相手の男がソノ気になって燃え上がってしまう、というケースが多いように思いますね」

 斉藤は1997年に12歳上の男性と結婚。2008年に離婚後、2011年に再婚しているが、一昨年は「還暦ビキニ」も見せた。

 昨年8月に出演した「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)では「運動も料理も嫌いだから、キャベツを1日1個食べた」と独自のダイエット法を明かし、スタジオを沸かせている。久々に目にしたその立ち振る舞いに、もはや死語となった「魔性の女」というフレーズが脳裏をよぎったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え