スポーツ

結婚10日前に…大谷翔平が「愛妻の存在」を匂わせていた「おかしなデコピン動画」

 4年に一度の2月29日の慶事。「大谷翔平、日本人女性と結婚」の速報に、日本のみならず全米が騒ぎになった。だがその10日前、大谷はある動画で「愛妻の存在」を匂わせていた。

 それは大谷が睡眠コンディショニングサポートを契約を結んでいる西川株式会社の公式YouTubeチャンネルで2月20日に配信された「大谷と愛犬デコピンのツーショット動画」。その中で大谷は、昨秋に受けた右肘手術について、こう語っていた。

「ほとんどベッドの上にいなきゃいけないというか、何もできなかったので…。もう常に一緒にいる感じで、1人と1匹みたいなのが1カ月くらい続いていた。それが一番の思い出です」

 大谷のこの言葉に、違和感を覚えた人はいたはずだ。

「体がデカイ大谷と一緒にいるせいでサイズ感がバグるけれど、柴犬よりも大きな中型犬のデコピンを大谷の手術中、誰が世話してたんだろう」

 手術直後の右腕は絶対に動かせない。手術後の写真で、左腕にも新しい手術痕が見て取れるので、自身の腱と人工靱帯を併用する「ハイブリッド手術」には、左腕から腱を移植したと推察される。つまり、両腕を自由に動かすことができない。

 デコピンことコーイケルホンディエは体重15キロにもなる上に、ヤンチャな犬種なので、大谷が寝ているベッド上で暴れた時に、大谷に代わって抱きかかえてしつける人が絶対に必要なのだ。通訳の水原一平氏は夜には自宅に帰るし、デコピンを世話するドッグシッターを雇ったにしても、大谷のベッドルームにまで入るのは親密すぎる。

「大谷には親密なパートナーがいるのでは…。いや、男性のドッグシッターなら、それもアリか」

 などとモヤモヤを抱えていたのだが、やっと「デコピンの世話人」の謎が解けた…と思ったら、大谷の口から語られたのは「手術の後も(自宅では)ひとりでいた」。となれば、デコピンは大谷の手をわずらわせることなく、ヤンチャを封印して極めておとなしく過ごしていたということなのか。

 新妻はキャンプが始まってからアメリカに来て一緒に暮らしているというが、彼女が愛犬家であることだけは間違いなかろう。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え