芸能

矢口真里 エロ路線で売り込むもオファーはさっぱり?

20150101_08uu

 芸能活動を再開しても矢口真里(31)の周囲には寒風が吹き荒れている。仕事のオファーはほぼゼロ。生き残りのため「エロ路線」や不倫騒動の「切り売り」にシフトチェンジを始めた。

 ナインティナインの岡村隆史(44)が進行役を務めるインターネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」(14年12月10日から配信)でバラエティ番組に復帰した矢口。

 共演者たちから長期休養していた時の話や、男のタイプなどについて聞かれると、

「A5ランクの黒毛和牛の牛タンを食べていた」

「背の高い、カッコイイ人が好き」

「今、性欲強そうって見られていますよね。それでいきます!」

 などと吹っ切れたように語り、14年の裏流行語となった「ピストン矢口」の本領を発揮。

「よゐこ」の濱口優(42)が「モーニング娘。」の「恋のダンスサイト」の歌詞に出てくる「セクシービーム」の新バージョンを要求すると、矢口は両手で胸を触りながら、

「心のクローゼットを開けて、コリコリコリ、セクシービーム!」

 とエロ光線を発射したのだった。番組の後半で、作家の岩井志麻子氏(50)が登場すると、持参していた女性向けオモチャに触れ、

「あっ、すごい‥‥」

 と、頬を紅潮させるのだった。

 芸能界で活躍していた時には見せなかったエロキャラ解禁。だが、「そこまでしなければならない理由がある」と言うのは、バラエティ番組の制作スタッフ。

「約2カ月前に、『情報ライブ ミヤネ屋』で芸能活動を再開したが、オファーは特番の出演が決まったぐらい。所属事務所の営業担当者が復帰に合わせてテレビ局に売り込み攻勢をかけたが、局側は矢口にばかりスポットが当たり、番組やスポンサーにメリットがないとして断ったのです」

 ネット番組での発言も逆風になっていると、制作スタッフが続ける。

「『ミヤネ屋』では、『離婚する際に(元夫の)中村さんと互いのプライベートは口外しない』と約束していたとして、不倫騒動の中身は黙っていた。それなのにネット番組では『修羅場だった』などと暴露したため、ミヤネ屋側のスタッフがおもしろく思っていないようです」

 元モデルの梅田賢三とは都内のマンションで順調交際が続いているが、仕事では元夫との約束を破ってまで「切り売り」するも、復帰の皮算用は思惑どおりにならなかったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!