芸能

前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ

 鉄道チームのリーダー村井美樹はもちろんのこと、相手チームの太川陽介も、さぞかし驚いたに違いない。4月10日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅 第19弾」で、「意外な人物」が鉄道チームの足を引っ張ったのだ。

 この対決旅はバスチームの太川が3連敗中で、通算成績は8勝10敗と負け越している。そこで今回は太川を勝たせるために、村井率いる鉄道チームに「足を引っ張る人物」がキャスティングされていると、放送前に指摘されていた。

 その人物と目されていたのは、フリーアナの馬場ももこだ。馬場は第2弾に登場し、勝手にタクシー代を使い込んだり、歩くことに難色を示したりと、足手まといになった前科がある。

 ところが実際にブレーキになったのは、宝塚歌劇団出身女優の真飛聖。なにしろ、前代未聞のアクシデントを引き起こしたのだ。テレビ誌記者も驚きを隠さない。

「地図を読むのが苦手という村井に代わり、真飛は地図担当を引き受けました。ところが途中でコンビニに置き忘れたんです。気付いたのは電車に乗ってかなりの時間が経ってから。今さら戻るわけにもいかず、以降は地図なしで旅をすることになりました。バス旅はスマホを使えず、紙の地図を頼りに旅するため、それを失うのは大きなハンデとなります」

 事実、鉄道チームは地図がないことで道に迷い、もう少しで列車に乗れなくなる事態に陥った。

 第4チェックポイントでも、真飛は大きなミスをしでかした。ここでの司令は「鴨川名物おらが丼と絶景温泉を堪能しよう」で、村井が温泉に入り、真飛と馬場がおらが丼を食べることに。

 温泉宿は2キロ先にあり、往復4キロになるので、電車の時間に合わせるために、帰りはタクシーを利用を決定。ところが財布を持っていた真飛は、村井にタクシー代金を渡すのを忘れる大失態を犯す。村井は往復4キロを歩くことになった。幸いにも電車には間に合ったが、もう少しで長時間、列車を待つことになるところだったのである。

 そんな真飛の「妨害」を受けながらも、村井チームは見事の勝利をつかむ。村井の手腕がすごいのか、太川がだらしないのか。

 そして次は鉄道チームにどんな刺客が送り込まれるのか、楽しみは尽きない。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ