芸能

塩地美澄「アナウンスの仕事も増やしたいなと」/テリー伊藤対談(1)

 秋田朝日放送を退社後、フリーアナウンサー、グラビアアイドルとして活躍してきた塩地美澄。このたび所属事務所を退所し、心機一転、フリーランスでの活動を開始した。このままグラビアから卒業してしまうのか、まさかの結婚も? 天才テリーが気になるすべてに迫った!

テリー (塩地さんからプレゼントされた「Nocturne」を見ながら) これ、いい写真集だね。

塩地 うれしい。福島の裏磐梯で撮ってきました。

テリー 裏磐梯は俺、何度もスキーで行ってる。裏磐梯と言えばスキー場だからね。それにしてもセクシーだな、あなた。

塩地 うれしいです。グラビアを始めて丸8年になるので。最後の方は写真集も半年おきぐらいに出せるようになりました。

テリー 今は?

塩地 今は事務所を辞めたので、グラビアもどうするか悩み中なんですけれど。ここ最近は、業界では最速ペースで写真集を出させてもらっています。

テリー ちゃんと極限まで露出してるもんね。

塩地 そうなんですよ。すごい頑張って極限まで出しています。テリーさん、わかってくださって、うれしい。

テリー 体型維持も大変でしょう。どうしてるの?

塩地 普通に腹筋的なこととか、体幹トレーニングもやっています。

テリー 元々、肉体がいいんだね。

塩地 足が長いとかじゃないんですけれど、骨格がちょっと欧米系らしいです。

テリー 改めてプロフィールを紹介すると、小樽の大学を卒業した後、秋田朝日放送に入って。

塩地 秋田朝日放送には8年いました。そこを退社した後、秋田に1年住んでから、東京で芸能活動を始めて、一度事務所を移籍して。その事務所をこの3月で辞めて、今はフリーになりました。

テリー フリーになった理由は何だったの?

塩地 契約満了です。

テリー だって更新もできたでしょう?

塩地 そうなんですけれど、グラビアに力を入れている事務所なんですよ。もちろんグラビアのお仕事も楽しいんですけれど、もう41歳なんですね。元々アナウンサーだったので、今後はそちらのお仕事を増やしたいなと。それで一旦グラビアをセーブさせていただきたいと思ったんです。

テリー 事務所は「これからもグラビアを頑張っていこう」って?

塩地 でも、それはその通りだと思うんです。ほんとにオファーが最後まで絶えなかったので。

テリー でもグラビアはセーブしたかった。

塩地 どこかでプレッシャーもあったのかもしれません。あまりにもオファーが続いちゃって。例えば2年後までグラビアを続けると宣言したら、2年先までオファーが埋まるような感じだったんです。

テリー 2年先まで仕事があるなんて夢のようじゃない。それでも辞めるって相当大きな決意だね。

塩地 メチャクチャ大きかったです。最初に「フリーになります」っていう宣言をSNSでした時に、「お仕事のオファーをお待ちしています」ってお問い合わせフォームを付けたんですね。これでお仕事が何も来なかったら引退するしかないじゃないですか。それぐらいの覚悟でしたね。

ゲスト:塩地美澄(しおち・みすみ)1982年、北海道生まれ。大学卒業後、「秋田朝日放送」入社。「スーパーJチャンネルあきた」などのニュース・情報番組を中心にバラエティーでも活躍。2014年、退社。その後、芸能生活を始め、2015年、グラビアデビュー。Gカップのバストと抜群のプロポーションで数々のグラビアに登場。2016年、初の写真集「みすみ」(ワニブックス)発売。以降、6冊の写真集と13枚のイメージDVDを発売。所属事務所を退所し、2024年4月よりフリーランスで活動中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意