エンタメ

3連単「55万円⇒111万円⇒36万円⇒29万円⇒67万円⇒32万円」の大嵐/日本全国「旅打ち」行脚~福島競馬(上)

 大谷翔平の通訳だった水原一平容疑者の違法賭博スキャンダルでは、二百数十億円ともいわれる巨額マネーが動いた。水原容疑者はギャンブル依存症で、1日に何十回も見境なく賭け続けたとか。すごい話だ。せいぜい数万円の旅打ち風情がギャンブラーというのもおこがましく、お恥ずかしい限りだが、これだけは言える。旅打ちはギャンブル依存症とは無縁である。

 ひと言で表すなら、ギャンブル依存症やアルコール依存症のように、旅打ちは依存することができない。水原容疑者のギャンブルやアルコールならいつどこでも、いながらにしてOKだが、旅打ちは面倒臭さがハンパじゃない。交通手段から宿泊、飲食まで必ずセットになっている。一度出かけるとヘトヘトになって、次に出かけるのが億劫になる。やめようと思えば、いつでもやめることができる。むしろその方が楽だ。

 のべつまくなしに賭けるとか、酒を飲むのは、言わせてもらえば怠けているからだろう。旅打ちは怠けていたら、どこにも辿り着けずに終了のゴングが鳴る。ギャンブル依存症になりたくなければ、旅打ちをお勧めする。そもそも毎日スマホでピコピコやって、何が面白いのだろうか。3日で飽きる。

 4月14日、中山競馬場ではGI・皐月賞が行われた。旅打ち派は大観衆が集まるような大きなイベントは苦手なので、特別な理由がない限り、出かけない。どこの誰ともわからない人と大騒ぎしても、楽しくないのだ。

 というわけで、出かけたのは福島競馬場。平場の開催で馬券を買いながら、お祭りに参加するくらいの気分で、福島で皐月賞の馬券を買うのがちょうどいい。

 初めて福島競馬場に行く目的のひとつは、喜多方ラーメンを食べることにある。競馬場の1階に「赤井」という店がある。そこで喜多方ラーメンを食らう。

 カーシェアで車を借りて向かったら、JRAの駐車場はいっぱいで、民間の駐車場代が2000円、競馬場のB指定席1100円、計3100円の必要経費。ちょっと高すぎる。

 入場して真っ先に向かったのは、もちろん「赤井」。1階のフードスペースには、奥に長く7店舗が軒を連ねる。カウンターで好きな食べ物を買って、フロアの立ち席のテーブルで食べる。ギャンブル場では早食いになるので、シンプルでいい。

「赤井」はいちばん手前にあり、人気店らしく行列ができていた。チャーシュー麺850円(写真)。しっかり湯切りされ、あっさり味のスープも麺もアツアツである。うまい。

 フードスペースの入り口右横では、山形・米沢の駅弁として有名な「牛肉どまん中」が売られていた。帰りに買って、新幹線の中で食べようかな。

 ホームスタンドの裏側はパドックになっていて、各階から馬を見ることができる。馬を見て馬券を決めることはないけど、間近に見ることができるのは、なんとなくホッとする瞬間。

 予約した4階のB指定席は、ターフビジョンのほぼ正面にあった。ターフビジョンの向こうには阿武隈川が流れ、小鳥の森などの山が連なる。海側に行くと、震災の被害が大きかった飯館村や相馬、南相馬などの浜通りになる。

 スタンドから見る風景は、4月初めに出かけた阪神競馬場に近いかもしれない。右回り、芝の直線は高低差がある292メートルで、4コーナーの曲線がキツく見える。姫路競馬場に似ている印象だ。

 1Rから3R、6Rは3歳未勝利戦、4Rと5Rは障害未勝利戦、7Rと8Rは4歳1勝クラス。ダート、芝が交互、距離も1150メートル、1700メートル、2000メートル、障害の2750メートルと、バリエーションに富んでいる。

 福島競馬が荒れるといわれるのは、未勝利戦などのレースが組まれ、距離がマチマチなのもその理由だろう。前日の4月13日は1Rの3連単が55万円、4R111万円、6R36万円、7R29万円、8R67万円、11R32万円と、大嵐のような1日だった。福島競馬、ただ者ではない。

 しかし、14日は1Rの3連単88万馬券以降、4ケタ配当が多い落ち着いた流れになっていた。

 7Rと8Rは前半のレースをチェックしつつ、珍しく見(ケン)。福島競馬はうかつに手出しできない。馬券は9Rからいこう。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意