芸能

京都大学・藤井聡教授が芸名で歌手活動を本格化!「インボイス超過激ラップ」で「NHK紅白出場」の野望

「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(朝日放送)や「newsランナー」(関西テレビ)などにコメンテーターとしてレギュラー出演するほか、「ももいろインフラーZ」(TOKYO MX)では、ももいろクローバーZにレクチャーする教官役で登場。口髭が特徴の言論人といえば、京都大学大学院の藤井聡教授だ。

 第2次~第4次安倍晋三内閣で内閣官房参与を担った藤井氏がこのところ、「意外な活動」を本格化させている。

「現在、藤井氏が『三沢カヅチカ』という芸名で本気で取り組んでいるのが、歌手活動です」

 こう明かすのは、音楽関係者である。続けてその活動内容を説明するには、

「4月20日に東京・水道橋にあるキャパ120人のホールでライブを行ったのですが、当日券が売り切れるほどの大盛況でした。意外かもしれませんが、その歌唱力と演奏力はプロ顔負けの見事なもの。クレイジーケンバンドのような、大人の色気を醸し出しています」

 もともと2017年から歌手活動を行っていたものの、当時は内閣官房参与の職についていたことから「覆面歌手」だったという藤井氏。

 これまで小池百合子都知事を皮肉ったムード歌謡「豊洲の女」などの楽曲を発表してきたが、今回のライブでは自身初となるラップを披露した。先の音楽関係者の評価は高い。

「新曲タイトルは『聞け!俺のインボイス』。インボイス制度を推進する財務官僚に対し『官僚のイタコ』になりきって批判したラップです。『インボイス 何があっても絶対やめねぇもう諦めろ』『税率もっともっと上げさせろ』など、過激な歌詞で構成されている。ライブでの藤井氏によれば『野望は紅白歌合戦出場』とのこと。冗談ではなく、完全に本気の口ぶりでしたよ」

 コワモテの外見からは想像できない才能と野望であった。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意