スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「プリュムドールの一発十分!」

 春のGⅠシリーズが続いており、4月28日は京都で天皇賞・春、翌週の5月5日には東京でNHKマイルCが行われる。

 春の盾はスタミナを競う芝3200メートル戦で、現在では世界的にみてもマレな長丁場のGⅠ戦だ。古式豊かな日本的なレースと言っていいが、騎手の技量や駆け引きが問われるため、見ている側は熱量が増す競馬でもある。

 今年のメンバーも豪華だ。昨年の菊花賞馬で4カ月半ぶりの前走、金鯱賞で2着を確保したドゥレッツァを筆頭として、昨年のダービー馬タスティエーラ、使われつつ地力強化を見せるチャックネイト、さらには前哨戦の阪神大賞典の1~3着馬、テーオーロイヤル、ワープスピード、ブローザホーン、そしてそのテーオーロイヤルとダイヤモンドSでクビ差の接戦を演じたサリエラなど、顔ぶれは多彩。ただ、絶対視できる強力な主軸は見当たらず、難解かつ波乱含みの一戦と言っていいだろう。

 まずはデータを見てみよう。03年に馬単が導入されて以降、これまでの21年間、その馬単での万馬券は8回(馬連は7回)。この間、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は8勝(2着2回)で、1、2番人気馬でのワンツー決着は3回。堅い時もあるが、中穴傾向のGⅠ戦と言っていいか。

 年齢的には6歳以上の古豪もよく健闘しているものの、過去21年では4歳馬が10勝(2着5回)、5歳馬は8勝(2着7回)と、圧倒的な強さを誇っている。そうであれば、前述した有力候補の4、5歳馬の中から主軸を選ぶのが馬券の筋だろう。

 とはいえ、波乱含みの一戦とみた以上、当欄としてはデータにとらわれることなく、思い切った予想をしてみたい。

 最も期待を寄せたいのは6歳馬、それも牝馬のプリュムドールだ。

 前走の阪神大賞典は勝ったテーオーロイヤルの強さが際立ったが、この馬もしまいのよさを生かしての4着。しかも、ひと息入ったあとで、まだ体に余裕があったことを思うと、評価できる内容だった。

 ハナからここが春最大の目標。使われたことで馬体が締まり、この中間は実にいい雰囲気にある。1週前の追い切りも軽快で、リズミカルだった。

「思惑どおり、馬の状態がよくなった。長丁場のスタミナ勝負は願うところ。強敵相手でも、そうヒケは取らない」

 と、奥村豊調教師をはじめ、厩舎関係者が口をそろえている。

 父はこの京都で菊花賞、天皇賞・春を勝ったゴールドシップで、近親、一族にはダービー馬タニノギムレットをはじめ、スタミナ豊富な活躍馬が多くいる血筋。筋金入りのステイヤーと言ってよく、一発十分とみたい。

 逆転候補に挙げたいのは、ブローザホーンだ。

 前走の阪神大賞典は8着と1番人気を裏切る結果となったが、転厩初戦とあって、まだ本来の姿になかった。もちろん、この馬もここが目標で、使われて大幅な良化ぶりをうかがわせている。

 しかも京都の舞台は〈2 0 0 1〉と相性抜群。こちらもエピファネイア(菊花賞)産駒で長丁場は持ってこい。道悪も得意なので晴雨にかかわらず、勝機は大いにあるとみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ