スポーツ

SHO-TIMEが由来の四股名「翔大夢」誕生で熱望諭が浮上する「伊勢ケ浜部屋・大谷」と夢の対戦

「翔大夢(しょうたいむ)」なる四股名の力士が誕生した。

 大相撲夏場所が5月12日に初日を迎えるにあたり、日本相撲協会から新番付が発表されたのだが、綴山部屋の西序二段二十六枚目「伊藤」が「翔大夢」に改名されると明かされた。

 昨年12月17日に亡くなった先代師匠(元関脇・寺尾)が生前に考案していた名前であり、早くも幕内昇進を願う相撲ファンが増えているという。

 この四股名は大谷翔平の「SHO-TIME(ショータイム)」にちなんだものであることは明らかで、

「伊勢ケ浜部屋の西三段目四枚目に、沖縄県出身の大谷(おおたに)がいます。いずれは誰もが注目する、幕内での『大谷VS翔大夢』の取組を望む声が相次ぐのも頷けます」(相撲ライター)

 ところで、四股名には付け方や決め方にルールはあるのだろうか。相撲ライターが続けて解説する。

「結論から言えば、明確なルールはありません。髙安や遠藤のように本名をそのまま四股名にしたり、九重部屋の千代の富士や千代大海のように、伝統的に千代をつけたり。大横綱の大鵬にちなんで白鵬、埼玉栄高校出身だから『栄』をつけて豪栄道と命名された場合もあります。栃木県出身の『宇瑠寅(うるとら)』(西序二段八十二枚目)、はたまた大阪府出身の『光源治(ひかるげんじ)』(最高位・幕下五十四枚目、すでに引退)といった力士もいますね」

 相撲界にもキラキラネームが現れる時代になったが、くれぐれも名前負けはしないように。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる