スポーツ

今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

 カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。

 今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時点で勝ち星と防御率の両部門でアメリカン・リーグ、ナショナル・リーグ全30球団でトップに立っている。

 このままの勢いなら日本人5人目の新人王はほぼ当確だが、それ以上の栄冠に向かって突き進んでいるというのだ。長年、メジャーリーグの取材に携わるスポーツライターも、興奮を隠さない。

「メジャーの投手で最高峰のタイトルといえば、サイ・ヤング賞。過去、日本人メジャーリーガーで、イチローや大谷翔平はMVPを獲得していますが、サイ・ヤング賞を手にした者はいません。今永がこのタイトルに輝けば、大谷の本塁打王に並ぶ偉業です。地元シカゴでもざわつき始めています」

 サイ・ヤング賞は、ナショナル・リーグとアメリカン・リーグのそれぞれから、その年に最も活躍した投手1人ずつが選出される。通算勝利数をはじめ、数々のメジャー記録を保持している故サイ・ヤング氏の栄誉を称えるため、1956年に制定された。この賞があるため、投手はMVPには選出されづらいともいわれている。7回ものノーヒットノーランや、通算奪三振(5174個)のメジャーリーグ最多記録を持つノーラン・ライアン。1973年、383個の三振を奪って1シーズンのメジャー記録を更新したが、それでもサイ・ヤング賞には手が届かなかった。

 今永の快投の裏には、昨季DeNAでプレーしたサイ・ヤング賞投手、トレバー・バウアーの存在があると、スポーツ紙遊軍記者は言う。

「今永はよくバウアーから話を聞いていたようです。その影響からか、MLBではバウアー並みに、感情を表に出すような投球シーンが目立ちますね」

 ロッキーズ相手にメジャー初勝利を挙げた際、今永は「これを船出にたとえるなら、まだ船からロープを外しただけ」とお得意の哲学的表現をしたが、その船はとてつもない大陸へと向かっているようだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し