芸能

やしきたかじん 「殉愛騒動」第2ラウンドが開始?(2)冠番組の放映は夫人がネック?

20150115kk2nd-2

 在阪のテレビ関係者が言う。

「実は以前から、たかじんさんの番組の冠料金が大きな問題になっていました。たかじんさんの死後にさくらさんと交渉した結果、1回の放送当たりの放映権料は、30万円ほど。1つの番組につき月額で120万円に上る。しかも視聴率は、たかじんさんの休養後も落ちることなく、死後1年たっても堅調だというのも大きい。たかじんさんの冠を外せば、出演者も毎回数名呼べるだけに、テレビ局にとってもメリットは大きい」

 だが、そこに大きなネックとなるのがさくら氏の存在だ。

「何しろ、さくらさんはたかじんさんの映像権を一手に握っている。それだけに、テレビ局側とさくらさんの交渉が決裂すれば、今後のたかじんさんの映像の使用に大きな支障が出る。そこでたかじんさんの冠番組を持つ3局のテレビ局が共同歩調で交渉を進めようと水面下で話し合いを進めています」

 そんな中、浮上しているのが、3番組同時の終了案だという。

「交渉が難航した時は、いったん、番組自体を全部リセットしてしまうということまで、念のため検討されています。しかし、4月の後番組はキャストもスタッフも蓋を開ければ一緒といったウルトラCです。恐らく番組名だけ変わって最小限の変更なら視聴率もあまり大きく変わらないという腹づもりです」(在阪テレビ局スタッフ)

 そこで各局に事実関係を尋ねると、「未定です」(テレビ大阪)、「まったく検討していない」(読売テレビ)、「事実ではない」(関西テレビ)と困惑するばかり。

 芸能評論家の肥留間正明氏が話す。

「テレビの人気番組は、メインの司会者がいなくなっても、そのまま好調の視聴率を引き継ぐことがけっこうあります。一見すると、1人の人気だけで引っ張ってきたように見えても、実は台本や構成のおもしろさが高視聴率の要因であるケースが多いからです。それらがあれば、看板(MC)を替えても番組は続けられるんです。島田紳助がいなくなったあとに、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や『開運!何でも鑑定団』(テレビ東京系)の人気が落ちていないのがいい例です。したがってテレビ局側も、タイトルから『たかじん』の冠を外しても数字は取れるという手応えは持ったのでしょう。冠料の金額にさくらさんの意向がどこまで反映されているかわかりませんが、『殉愛』の内容を巡って疑惑や批判が浮上しているのは事実ですから、局としてそのへんの悪影響を引きずりたくないという判断もあるでしょうね」

 たかじんがゆっくりと草葉の陰で眠れるまでには、まだ時間がかかりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪