政治

「日本の政治はステージ4のガン細胞」百田尚樹の言葉に拒否反応を起こす人たち

 作家の百田尚樹氏が代表を務める政治団体「日本保守党」の、Xへの投稿が物議を醸している。「日本の政治はガンのステージ4」とたとえているからだ。あまりの表現のどぎつさに、拒否反応が起きているようである。

 本の総合情報ウェブサイト「Book Bang」編集部がまとめたノンフィクションベストセラーに関する記事が、Yahoo!ニュースに転載された。それによると、2月6日にトーハンの週間ベストセラーが発表され、ノンフィクション・ライトエッセイの第1位を「日本保守党 ~日本を豊かに、強く。~」(百田尚樹、有本香・著)が獲得した。

 記事ではこれを、次のように紹介している。

〈同書のまえがきで百田さんは自身が昨年12月にガン宣告を受けたことを明かしながら、「くたばってたまるものですか」「私にはやることが山ほどある」と述べ、「日本の政治のガンを根絶する」と決意を語っている。百田さんによると日本の政治状況はガンのステージ4に相当するという。自民党の隅々にまで移転したガン細胞は「もはや少々の抗ガン剤では手の施しようもない状態」と私見を述べ、国民の力で完治させようと呼びかけている〉

 Xへの投稿は、この中にある〈日本の政治状況はガンのステージ4に相当する〉という部分を転用したものだ。ガン患者であると公表した百田氏が、自らの治療経験をもとに、ガンを今の日本の政治になぞらえたものだが、「ほかにもっと言い方があるだろう」などと非難のコメントが相次いでいる。

 ガンのステージは0期から4期まで5段階あり、ステージ4が最も悪化している。多くの場合、ガンが発生した部位だけでなく、他の臓器にも転移した状態を指す。

 百田氏は歯に衣着せぬ発言で人気を集めているが、問題はそのまま公式アカウントに転載したことだ。日本保守党がまだ組織としてうまく機能していないことを露呈する形となった。

(奈良原徹/政治ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」