芸能

鼻に酸素チューブをつけた津川雅彦が「先に逝った妻」について語ったこと/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 長年連れ添った夫婦のどちらか片方が亡くなると、まるであとを追うように、残されたもう一人も旅立ってしまう。そんな話をよく聞くことがある。

 日本を代表する名優・津川雅彦の訃報を耳にした時にふと、この夫婦もそうだったのかもしれないなぁ、とぼんやり思ったものである。

 津川の妻、朝丘雪路(享年82)が、アルツハイマー型認知症で亡くなったのは、2018年4月27日だった。朝丘は2014年頃に認知症を発症。2016年に公開された映画「プラシーボ」への出演を最後に、女優としての活動を終え、津川がお手伝いの女性とともに、自宅で献身的に介護してきたという。ベテラン芸能記者が回想する。

「2人は大恋愛の末、1973年に結婚したのですが、現在は女優として活動する娘の真由子が、生後5カ月で自宅から連れ去られるという事件が起きた。41時間ぶりに奇跡の生還を遂げたのですが、そんなことから、夫妻は愛娘を溺愛。本物指向のおもちゃ店『グランパパ』経営も、それがきっかけとなったと言われています」

 2008年末、その「グランパパ」がバブル崩壊の影響をモロに受け、6億円の負債を抱えることに。借金返済のため、朝丘が建てた豪邸を売却した。その後、別居生活を送っていたが、朝丘の症状が進み始める3年ほど前から再び、一緒に暮らすようになった。

 朝丘の死から23日が経過した2018年5月20日、都内で記者会見に臨んだ津川は、自らも前年秋に患った肺炎で療養中とあり、鼻に酸素吸入用のチューブをつけたままで報道陣の前に登場。「大丈夫ですか」との声に、

「大丈夫じゃないよね。こんな格好で大丈夫だ、なんていったらウソになるよ」

 苦笑いしながらも、数年にわたる介護生活を振り返った。

「周りがね、よくやってくれましたよ。僕が先に死んで彼女を残すよりは、いい結果になりましたよね」

 その言葉には、自身も体調が思わしくない中、すでに自身に対する認識も薄れ、意思の疎通ができない状態の妻をひとり残して去ることは…そんな葛藤の中にあった切ない思いを垣間見ることができた。そして津川は最後にこう言った。

「(最期は)安らかでしたよ。娘を生んだことも家を売ってくれたことも、僕より先に死んでくれたことも含めて…感謝だらけです」

 そんな津川が翌々日に退院予定だった病院で容体を急変させ、長女らに見守られながら旅立ったのは、記者会見から2カ月半後、8月4日のことだったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し