スポーツ

新春!テリー伊藤スクープ対談!「清原和博」が号泣激白(3)薬物使用疑惑、そして離婚

20150115c

テリー 今、巨人軍とは友好的な関係なんですか?

清原 いや、週刊誌等々では「OBの集まりがあった時に清原が来なかった」というふうに書かれていますけど、そもそも招待状が来なかったです。あの週刊誌報道以来、そういう‥‥。

テリー 週刊誌報道というのは、薬物のことですか?

清原 そうです。

テリー あれはいったい、何なんですか。

清原 いや、僕もわからないんですよ。僕も命を賭して裁判で戦うつもりでいたんですけども、僕の恩師に止められたんですよね。

テリー 何と言われて止められたんですか。

清原 僕も理由を聞きたかったんですが、「1年間ぐらい干されるかもしれないけど、(訴訟を)やめたほうが清原さんのためになるから、やらないほうがいい」と。その恩師なりに考えはあったんでしょう。僕自身は戦いたい気持ちを今でも持っているんですが。

テリー いろいろ叩かれたかもしれないけど、ちゃんとした人生を歩んでなかったら、今この対談で見せてくれているようないい表情はできないと思うんだよ。

清原 いや、今回のゴシップはバット1本で消すことができないので。3月からずっと‥‥そして離婚したのが9月ぐらいやったかな? あの報道以来、女房・子供が(家から)出ていきましたんで。

テリー 今は一人暮らし?洗濯とかどうしてるの?

清原 いや、もうたまり放題たまって、もう着るもんなくなってやっと洗濯する、みたいな。だから洗濯物がたまった時に詰め込みすぎて、乾燥機が壊れました(笑)。

テリー アハハハハ。おもしろすぎるじゃないですか、清原さん。じゃあ、食事とかはどうしてるんですか?

清原 さっきの新宿のお店かコンビニでしたね。盛り場はもう全然。

テリー この10カ月ぐらい、どんな思いで過ごしていたんですか。

清原 この人生の中で‥‥18歳からプロに入って23年間流した涙の量よりも、今年1年間で流した涙のほうが多かったですね。巨人にああいう形でクビを宣告された時に神宮の並木通りに車を止めて、2時間ぐらい涙流しましたけど、そういうこと全部合わせてでも、今年1年で流した涙の量が多かったです。

テリー そういう清原さんの優しさ、繊細さ、ナイーブな部分って、世の中の人には伝わっていないですね。

清原 僕自身、弱い人間というのは自覚してるんですよ。だから「コワモテ」の部分を自分で作って、「もうここから先は入ってこないでくれ」と。巨人に入って、マスコミがワーッと来る時にそういうバリアを張って自分自身を守るために必死だったので。だからああいう態度を取って、マスコミに叩かれても、それはしょうがないと自分でも思ってました。

●ゲスト:清原和博(きよはら・かずひろ) 1967年生まれ、大阪府出身。83年夏、PL学園の1年生にして4番を打ち、5期連続で甲子園に出場し、史上最多の13本の本塁打を放つ。85年、ドラフト1位で西武に指名され入団。86年、打率3割4厘、本塁打31本、打点78で最優秀新人賞を獲得。96年にはFA宣言で読売巨人軍に移籍。05年にオリックスに入団し、サヨナラ安打およびサヨナラ本塁打歴代トップに立つ。08年シーズンをもって現役を引退、現在に至る。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由