芸能

「涙の女王ロス」に拍車をかける主演俳優キム・スヒョンの「宇宙人秘話」「涙の兵役エピソード」

 Netflixのドラマ「涙の女王」が完結し、「ロス」に陥る韓流ファンが続出している。多くがハマった理由には、ラブストーリーを基軸としたサスペンスやコメディタッチのストーリーが素晴らしかったことが挙げられるが、放送前から話題になっていたのが、「愛の不時着」(2019年)の脚本家パク・ジウンの最新作、ということだった。

 そんな高い期待を上回る出来であり、ブームに拍車をかけたのが、主演キム・スヒョンのカッコ良さ、そして誠実な演技だ。韓国エンタメライターが解説する。

「キム・スヒョンの演技力は抜群で、コメディーでもシリアスでもホラーでもこなしてしまう。180センチの長身で小顔、鍛えられたボディが美しいんです。品もあって、日本にはなかなかいないタイプの俳優ですね。作品上ではキリッとしているのですが、普段の性格はちょっと天然なところがあるらしく、以前、彼が出演したドラマ『星から来たあなた』で演じた宇宙人が、普段の彼に近いといいます。まさにつかみどころがなく、ふわふわしたところがあるのが魅力ですね。今、日本でもキム・スヒョンのロスが起きつつあって、早く次の作品に出てくれないかな、という声が上がっています」

 あまりの人気ぶりに、この6月には「2024 KIM SOO HYUN ASIA TOUR in JAPAN 『EYES ON YOU』」として、ファンミーティグが開催される。

「浮いた話がなく、スキャンダルから最も遠い存在です。兵役に行く際には、幼い頃から患っていた心臓疾患で検査に引っかかったにもかかわらず、体調をコントロールして自ら健康状態を整え、率先して兵役に行けるよう努力したとか。とても殊勝な性格なんです。韓国では、もはや海外でも人気のスターといった立ち位置。日本でも、これからもっと人気が出るでしょうね」(前出・韓国エンタメライター)

「涙の女王」ならぬ「涙の王様」だ。

(小津うゆ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し