スポーツ

超貧打の阪神に「投げれば無双」の救世主!あの高橋遙人が「えげつない投球」で帰ってくる

 セ・リーグの首位を走る阪神は5月23日、マツダスタジアムで行われた広島戦に2-1で勝利し、貯金を今季最大の7とした。4カード連続勝ち越しで、2位の広島とのゲーム差は2.5差へと開き、団子レース状態のペナント争いから頭ひとつ抜け出しそうな勢いだ。しかし「今年の阪神はそんな余裕はない」と、スポーツ紙デスクは言う。

「最近の4カード12試合で8勝4敗とはいえ、8勝のうち1点差ゲームが実に6試合とあります。どの試合も、投手陣に非常に大きな負担が掛かっていることは明白です」

 確かに、辛くも勝利したという試合が目立つ。その原因は貧打線だろう。4番を打つ大山悠輔の打率は2割1分3厘(5月23日現在)と低調そのもので、本来ならチームを引っ張るはずの一人、佐藤輝明は集中力を欠いた守備が岡田監督の逆鱗に触れ、現在は2軍落ちという惨状だ。昨シーズンの首位独走時とは「攻撃陣」が明らかに違うのだ。

 今季の阪神は、45試合終了時点でチーム打率2割2分8厘、得点は1試合平均3.22点となっている。それが昨年は、1年通算で打率2割4分7厘、平均得点は3.88点だった。なるほど、今季の辛勝ゲームが多さにもうなずける。打線の惨状は深刻なのだ。

 つまり、現在の首位は投手陣の踏ん張りに寄るところが大きいわけだが、先発陣にも一抹以上の不安があるようだ。前出のスポーツ紙デスクが話す。

「21、22年と最多勝を獲得した青柳晃洋と、デビュー3年間で29勝をあげている伊藤将司が不調で2軍落ち。昨シーズンは防御率のタイトルを獲った村上頌樹が、去年の出来には及んでいない。才木浩人と西勇輝が頑張っていますが、現状、先発投手陣が万全だとは言えない状況です」

 そんな中、阪神投手陣に光明が見えたという話が伝わってきている。23日に行われたファームのくふうハヤテ戦に先発した、現在は育成契約の高橋遙人が3イニングを無安打無四球。出したランナーはエラー出塁の1人だけという、完璧な投球を披露したのだ。現場で観戦したスポーツライターが話す。

「ファームとはいえ、3回をわずか36球で片付けました。観戦したファンからは『えげつない』の声が上がっていましたね。高橋は21年オフに左肘のクリーニング手術を受けましたが、22年の春季キャンプで違和感を覚え、同年4月にトミー・ジョン手術を受けました。復活を期した23年は6月にも再び手術を受けるなど、とにかく度重なる手術とリハビリのここ数年でした。しかし今年は、キャンプから徐々ピッチを上げています。今季最長の3イニングを投げきり、今後は少しずつ投球回数を増やしていくようですね」

 高橋といえば「投げれば無双状態」と、トラ党から崇められた逸材。21年には、わずか7試合の登板ながら(全試合先発)2完封。4勝2敗で防御率1.65の好成績を残している。

 1軍昇格は早くてもオールスター後とされているが、高橋の劇的カムバックが実現すれば、まさに「救世主」として、阪神球団初となる「アレンパ」に貢献することは間違いない。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し