スポーツ

2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」

 試合時間短縮を目的として、メジャーリーグなどで採用されている「ピッチクロック」という言葉を聞いたことがあるだろう。投手が打者に投球するまでの時間、間隔を制限するという決まりである。これがもし、次の2026年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でも適用されるとしたら…。

 日本プロ野球選手会と日本野球機構(NPB)の事務折衝が、6月19日に行われた。WBCでの「ピッチクロック」について、選手会の森忠仁事務局長が「NPBも一緒に反対してほしい」と要望したのだ。このピッチクロックとそのルール採用の是非をアメリカ側に聞いてみたところ、意外な答えが返ってきた。

「ピッチクロックが採用された2023年シーズン以降、メジャーリーグの試合展開が大きく変わった印象はありません。試合時間の短縮は野球界の永遠のテーマですが」(アメリカ人ジャーナリスト)

 背景にあるのが「試合時間が読めない」とするテレビ放送側の「要望」、そしてあまり野球に興味のない人たちから必ず返ってくる「試合時間が長い」という声だ。

 メジャーリーグで採用された2023年は、15秒だった投球間の制限時間が18秒に改められたが、こうしたアメリカ側の反応を聞いていると、感情的になっているのは日本だけなのか…という気がしてくる。先のアメリカ人ジャーナリストが内情を明かす。

「ピッチクロックと『投手のケガ』の因果関係が懸念され、調査されています。十分な準備が整わないまま投球する必要が出てくるからだ、と。アメリカではピッチクロックのルールに違和感はなくなってきたようですが、選手たちに好きか嫌いかを聞くと、ほとんどの選手が『嫌いだ』と答えます」

 それでもメジャーリーグ機構がWBCでのピッチクロックを採用する方向へと進んでいるのは、テレビの放送時間の問題だけではなさそうだ。アメリカ特派記者が言う。

「現在のDH制で得をしているのは大谷翔平だけ、と言っても過言ではありません。ルール変更により、大谷はDH兼投手の1人2役で試合に出ることが可能となりました。リハビリが順調にいけば、2026年大会は二刀流で臨めます」

 今季の大谷はトミー・ジョン手術の影響により、「打者」だけで出場している。

 日本以外の海外代表チームは「大谷がいれば、日本は1人多く選手登録しているのと同じ」と解釈しているそうだ。

 WBCでのピッチクロック採用に本気で反対するなら、日本は「大谷ルール」と呼ばれる現DH制ではなく、「DHと投手を兼務できない昔のDHでかまわない」と交換条件を出す必要がありそうだ。カギを握るのは「大谷翔平」なのである。

(飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】