スポーツ

元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」

 後輩選手へのハラスメント行為で楽天を退団した安楽智大に、日本球界復帰の可能性が出てきた。スポーツ紙遊軍記者が声を潜めて明かす。

「日本球界はメジャーほどコンプライアンス、ハラスメントにうるさくない。日本ハム時代に暴力事件を起こした中田翔もその後、巨人、中日でプレーしていますからね。今季中は無理でも、来季に向けて獲得調査をしている日本の球団があると聞いています」

 安楽は現在、メキシカンリーグのディアブロス・ロホス・デル・メヒコ(メキシコシティ・レッドデビルズ)でプレーし、試合数の半分をゆうに超える登板数を誇っている。防御率こそ3点を超えているが、メキシカンリーグにはメジャーリーグや日本球界にはない特殊事情がある。特にレッドデビルスの本拠地があるメキシコシティの球場は、標高2200メートルを超える高地だ。これはメジャーリーグで最もボールが飛ぶといわれる、コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズフィールドの標高1600メートルを大きく超えている。

 通常、高地は気圧が低いため空気抵抗が少なく、結果として打球の飛距離が伸びる。ドジャース・大谷翔平が先のロッキーズ戦で今季最長弾となる一発を放ったが、球場の恩恵は否定できないだろう。

 ロッキーズの公式サイトにも〈海面と同じ高さにある球場に比べ、約9%から10%も飛距離が延びる〉と書かれている。具体例としては、ヤンキースタジアムでの122メートルの一発は、クアースフィーズでは134メートルになるという。

 そうした打者有利な地での活躍が評価された安楽は、現地時間5月26日に行われた同リーグの球宴に出場しており、レベルアップしているかもしれない。先の遊軍記者が、今後の見通しを語る。

「日本での実績をみれば、そこそこは使えますからね。しかも、今なら足元を見て安く獲得できる。低迷するチームにはお買い得かもしれません」

 パワハラ体質が改善されたかどうかは分からない。だが、過酷な条件で戦い、精神面でのタフさを増した可能性はある。来季、「逆輸入選手・安楽」が誕生するかもしれないのだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】