スポーツ

山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!

 ソフトバンクホークスの山川穂高が、大不振に陥っている。5月22日の楽天イーグルス戦で12号が出てから100打席以上、1カ月以上も本塁打が出ていない。交流戦は打率2割3厘、0本塁打、3打点に終わる散々な成績だった。リーグ戦再開前の6月17、18日の2日間は気分転換のため郷里の沖縄へ向かい、泡盛を飲んで完全休養に充てたというが、その効果は現れていない。球界OBはその原因を、次のように分析した。

「本塁打を欲しがり、大振りが目立っています。ストレートに強い打者ですが、150キロ前後の球に振り遅れ、ファウルや空振りの場面が増えています。変化球にタイミングが合っていないので、ボテボテの内野ゴロばかり。昨シーズン、スキャンダル謹慎で、1年間フルに戦えなかったことが影響していますね」

 昨シーズン途中、女性絡みの不祥事を起こし、西武からは公式戦出場停止処分が下された。1軍出場は17試合にとどまり、処分継続中にFA宣言してソフトバンクに移籍した。今シーズンの西武戦では山川が打席に入るたびに、ブーイングが鳴り響いている。

 6月21日の西武ホールディングス株主総会では山川の不祥事が蒸し返され、複数の質問が飛んだ。福岡スポーツメディア関係者が明かす。

「山川は気にしないように振る舞っていますが、ブーイングを浴びてジワリとジワリと気持ちを擦り減らしています。豪快に見えて、実は繊細で悩みやすい性格。考えすぎてしまっている。積もりに積もったものが、心と体を蝕んでいますね」

 幸いにして、チームは近藤健介や周東佑京、今宮健太、栗原陵矢らの活躍で、山川の不振が霞むほどに、首位を爆走中。ブーイングはいつまで続くのか。

(渡辺優)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」