芸能

「私はコレで落としました」年下男がトキめく30代女子の法則

20150117kuninaka-2

 国仲涼子と向井理、杏と東出昌大に続き、菊地凛子と染谷将太など芸能界では姉さん女房のカップルが続々とゴールイン。一般女性の間でも、2014年にヒットしたドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)以降、30代女性のなかで、「もしかしたら私にも可能性アリ?」と年下男性にトキめく人が急増中だという。

 とはいえ、身近に素敵な“年下男子”を見つけても、「オバサン扱いされたらどうしよう」「相手にされないのでは‥‥」と、つい奥手になってしまうもの。そこで、巷で年下男子と交際中という30代の女性たちに、上手に恋を実らせるコツを聞いてみた。

 まずは、平成元年生まれの26歳と交際中だという35歳女性(独身・広告制作会社勤務)の話から。

「自分から好きっていうオーラを出してしまうと、引かれてしまうと思ったので言えないし、気のある素振りも見せられませんでした。でも、そんな態度が結果的に功を奏しました。というのも、最初はただの年下の友達という感じで遊びや食事に誘っていたのですが、そのうちに彼のほうが“本当に男として見られているか不安になってきたようで、とうとう『振り向かせたい!』と言って、突然キスしてきたんです」

 交際後もそのモチベーションを維持させるために“愛情アピール”は控えめにしているという彼女。年下男子には恋の駆け引きの「押す・引く」のうち特に「引く」ほうを重視したほうがいいとのことだった。

 次は22歳の学生と交際中という、32歳(独身・アルバイト)のエピソード。

「飲食店のバイト先で出会った彼。私は実現したい夢ができたため、一度会社を辞めてバイトをしながら専門学校に通っているのですが、付き合うまでの彼との会話はそんな夢の話ばかりでした。でもあるとき、ちょっと辛いことがあって彼に弱音を吐いたんです。そうしたら、『○○さんでも弱いところがあるんだ』っていう感じで、女として見てくれるようになったんです」

 年上女性なのだから、彼より芯が強くて当たり前‥‥と思わせておいて、あるときふと弱さを見せる。それまで「女性」として見てこなかったからこそ、ギャップ効果が高まるというテクニックなんだとか。

 最後は、25歳の職場の後輩と交際中だという34歳女性(独身・旅行代理店勤務)。

「同じ店舗に勤める後輩が今の彼。仕事帰りによく飲みに行っていたのですが、あるとき彼がふと『○○さんって肌キレイですよね』と言ってきたんです。そのときは彼も、私を恋愛対象だとは思っていなかったと思いますが、若い男の子にそう言われたら急に恥ずかしくなって。だって、彼の身近にいる同世代の女の子と比べたら、30代の肌なんてキレイなはずないじゃないですか。それで、その恥ずかしい気持ちが思い切り態度に出てしまったんです。それからは飲みに行くたびに、彼がホメてくれて、私が恥ずかしがって‥‥の繰り返し。そのうちお互いに意識するようになって、付き合い始めました」

 特にSっ気のある男性なら、年上女性が恥ずかしがる姿に夢中になるのも納得。30代になっても恥じらいを忘れないことが、年下の男性をゲットする秘訣かもしれない。

 身近の年下男子が気になるというアラサー&アラフォー女子たちよ、これら先人のアドバイスを参考に、彼に急接近をしてみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス