スポーツ

【広島カープ】あの80年代「最強投手王国」を蘇らせたアドバイザー黒田博樹の「隠密活動」

 上位4チーム(広島、巨人、阪神、DeNA)が激しく競り合うセ・リーグのペナントレースが、すこぶる面白い。中でも大方の予想を覆し、6月戦線を首位で突っ走ったカープの動向から目が離せない。

 カープが25年ぶりにリーグ優勝した2016年、現監督の新井貴浩と現球団アドバイザーの黒田博樹が抱き合い、まるで子供みたいな喜び方をしたシーンを覚えているファンは多いと思う。一時、風前の灯火のようになっていたその雰囲気が、球団の人材戦略によって再び蘇るプロセスに入っている。

 2022年秋。選手時代から稀有なムードメーカーとして目を付けていた新井を監督に、さらに選手やファンから親しまれ、大リーグ仕込みの投球術を身に付けた黒田を球団アドバイザーに据えた。今、この2人体制が2年目を迎え、有効に機能し始めた。

 新井は選手がどんなミスをしても、絶対に責めない。打者は3球ともフルスイングで三振してベンチに戻ってきても、拍手で迎えてくれる。盗塁に失敗したとしても、走ったことの勇気の方が称えられる。とにかく「攻める」「戦う」選手が評価されるのだ。この雰囲気は、自然にチームを強くしていく。

 一方で、黒田の行動はあまりメディアでは取り上げられない。彼は常にカープ投手全員の状態を把握し、特に2軍の練習や試合が行われる由宇球場(岩国市)には頻繁に足を運び、必要な時にはシーズン中でも助言を送り続けている。

 今季、中継ぎで復活した塹江敦哉は、黒田が助言した「左腕を下げた投球」に活路を見出した。どの投手も何かしら、レジェンド・黒田との関係を築いているのだ。

 彼の助言はエースの大瀬良大地や九里亜蓮にも、また1軍で投げた経験のない斉藤優汰らにも惜しみなく与えられる。カープは今、一部のプロ野球解説者の間で「投手王国の再来」と囁かれ始めた。

 オールドファンなら、ご記憶だと思う。カープが投手王国と呼ばれた1985年から1991年頃、先発の北別府学、川口和久、大野豊、佐々岡真司…。そして抑えの江夏豊、津田恒実…。当時、他球団の選手からは「顔も見たくない」と恐れられた。

 今のメンバーを見てみよう。先発4本柱に大瀬良、九里、森下暢仁、床田寛樹。中継ぎと抑えに島内、栗林良吏。7月9日時点で、チーム防御率はリーグトップの2.11。投手成績(規定投球回数到達、防御率)上位5人にカープ投手3人(大瀬良、森下、床田)が名を連ねる。この堅い投手力が健在である限り、カープが下位に低迷する可能性は低い。

「打の新井」と「投の黒田」は2016年から2018年のカープ3連覇の中心にいた。カープは投手を中心にして、その時の勢いを取り戻しつつある。

(迫勝則/作家・広島在住)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」