スポーツ

サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話

 2006年サッカーW杯ドイツ大会は、サッカーファンにとって「中田英寿の大会」として記憶に残っている。

 中田はチームの中心選手として君臨。最後のブラジル戦に1-4で敗れるとセンターサークルで仰向けになり、悔しさをあらわにした。この時、チームメイトが声を掛けなかったことから、中田の「孤立」がクローズアップされることに。

 当時のチームメイトはこれをどう見ていたのか。元日本代表でドイツ大会のメンバーだった坪井慶介氏が、前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演し、真相を明らかにした。中田氏との関係を聞かれた坪井氏は、

「やっぱりちょっと、なんていうんですかね、ヒデさん自身も自分をみんなと同じ存在にしないよう、気を付けていた気がするんですよね」

 中田氏が自身を「王様」として「演出」しているフシがあったと、当時を振り返ったのだ。なぜそんなことをする必要があったのかといえば、

「僕らの世代は仲がよかった。ワイワイやる感じだったんで、ワイワイだけではダメだよっていうのを、自分という存在で作っていた、という気がします。今となれば」

 チームを引き締めるために、自ら嫌われ役を買って出ていた、というのである。しかし、それに気付くことはなく、

「当時はちょっと『なんだよ!』と思っていましたけど(笑)」

 そのせいか、チームは2敗1分でグループリーグ敗退に終わり、中田氏の策は結果的にみれば、うまくいかなかった。それでも坪井氏は感謝しているという。

「初戦で4カ所足をつって、けっこうなことじゃないですか。『何やってんだ』って言われてもおかしくないのに、色々ありすぎて僕のことはあまり世に出ていないんですよね。柳沢のことがあったり、ヒデさんが引退しちゃったとか」

 ドイツ大会の日本代表は、内部分裂したと言われている。もし中田氏の考えをチーム全員が理解し、ひとつになっていたら、どんな結果がもたらされていただろうか。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」