芸能

嵐も脅かす!?ジャニーズWESTが「団結力NO1」と呼ばれる理由

20141126logo

 2月4日に3rdシングル「ズンドコ パラダイス」をリリース、5月からはコンサートツアーも始まるなど、いま最も注目を集める若手7人グループといえば、ジャニーズWESTだ。

 現在放送中の「リトルトーキョーライブ」(テレビ東京系)では、Hey!Say!JUMPとジャニーズWESTが週替わりでMCを務めるなど、その活動の範囲も広がる一方で、新たなファン層を獲得している。

 今でこそ脚光を浴びる彼らだが、デビューまでのいきさつは、いささか他のグループとは事情が違い、苦難の道のりだった。

 通常、ジャニーズ事務所から新たなグループがデビューをする場合は、まずはジャニー喜多川社長がメンバーに声を掛け、その後のプロモーション活動などが話し合われていく。しかし、彼らの場合はメンバー自らが社長にデビューを“直訴”したというのだ。芸能ライターが話す。

「その後、しばらくして出た社長の判断は、中間淳太、桐山照史、重岡大毅、小瀧望の4人でのデビューでした。関西でずっと一緒にやってきた“7人でのデビュー”ではなかったため、デビューの決まった4人は悩んだようです。『たとえ一緒にデビューできたとしても、グループ内で格差をつけられはしないだろうか?』『あとの3人は別のグループでデビューした方がうまくいくかもしれない‥‥』。そんな様々な思いが駆け巡ったそうです」

 そうこうしている間に、年末のカウントダウンコンサートで4人のデビューが発表されてしまう。その時のグループ名は「ジャニーズWEST4(フォー)」だった。

「名前が挙がらなかった濱田崇裕、神山智洋、藤井流星の3人は、デビュー組の4人から直前にメールで知らされており、半信半疑のままテレビを見て確信したといいます。しかし、藤井はそこで諦めず『バックダンサーでも構わないから7人でやっていきたい』と懇願、再び全員で社長に直談判に行きました。これが功を奏したのか、晴れて“ジャニーズWEST”として7人でのデビューが決まったんです」(前出・芸能ライター)

 事務所の都合で寄せ集められたグループではなく、7人の強い結束でデビューを勝ち取ったグループなだけに、その団結力は強い。「運命共同体」であるという意識は、他のどのグループにも負けていないのではなかろうか。

「ジャニーズはデビューするまでも大変ですが、デビューした後もメンバーが脱退したり、不仲がささやかれたりします。グループが生き残っていくためにはメンバー間の仲の良さはかなり大切な要素。そういう意味では、ジャニーズWESTはどんな番組や雑誌、PVを見ても仲の良さが伝わってきます。そんな『楽しそうでいいグループだな』という雰囲気が、お茶の間にも伝わってくるんです」

 2月19日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)に出演するジャニーズWEST。その団結力の強さで、嵐チームを脅かしそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”