芸能

CMもドラマも可愛すぎる!「広瀬すず」ってどんな女の子?

20150312m

 今やテレビで見ない日はないほど“急騰銘柄”なのが、16歳の新CM女王・広瀬すず。世のオヤジ諸氏が「娘にしたい!」どころか、遠き日に抱いた切ない思いまでよみがえってしまうほど“若鮎の魅力”に満ちている。

「若い女優のCMでこれほど急激に注目を集めたのは、新垣結衣以来じゃないでしょうか。ガッキーも『ポッキー』(06~08年)が引き金となりましたが、彼女も『ゼクシィ』(14~15年)のCMから企業が一斉に参入しました」

 語るのは美少女評論家の高倉文紀氏である。16歳でウエディングドレスを着た「ゼクシィ」のCMで「あの子は誰?」と騒がれ、現在も「ソフトバンクモバイル 白戸家」のCMで樋口可南子の少女時代を、さらにドラマでも「学校のカイダン」(日本テレビ系)で初主演を射止めた。

 すずは姉の広瀬アリス(20)と同様に雑誌「Seventeen」の専属モデルを務め、早くから同性の間で人気を集めていた。

「女の子だけの支持にとどまらず、若い男性にも、さらには年配の男性にも幅広く人気があるのが特徴です」(前出・高倉氏)

 姉妹のいずれにもインタビューしたことがある高倉氏によれば、芸能界への道のりは同じだが、2人の性格は対照的だとか。

「姉はボーイッシュで積極的ですが、妹は最近の芸能界の子には珍しいほど人見知りをする。初めて会う人に対しては、特に緊張します」

 近年の女優でいえば、能年玲奈が同タイプだとか。そんな広瀬のプライベートで目を引くのは、16歳らしからぬ食生活。アイドル評論家の織田祐二氏が言う。

「好きな食べ物は『干し芋』と『ニラ』なんです。特にニラは、週に4回も『ニラ鍋』を食べているそうですから、こだわりが強い」

 ニラ鍋と結び付くかどうか不明だが、人見知りではあるものの、いざ向き合った仕事では「度胸がある」と言うのは前出・高倉氏だ。

「オンエア中の『学校のカイダン』も、ナチュラルでありながら度胸のある芝居を見せていますね。そこが多くの媒体に起用される理由かもしれません」

 とっておきの“度胸”を見せていたのは、昨年4~6月にオンエアされた「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」(フジテレビ系)でのこと。広瀬は主演の佐藤健の妹役を演じ、第1回で早くも“見せ場”が訪れた。

「佐藤健が広瀬の部屋のドアを開けたため、着替え中の彼女が映し出された。上はピンクのブラ1枚という姿で、怒った表情で佐藤にコートを投げつけるんです。その勢いで胸の谷間が揺れるのですが、予想外に豊満に見えたので驚きましたね。CMではわからなかったけど、体が細い分、サイズ以上に胸が強調されるようです。ほんの10秒ほどの短いシーンですが、お宝映像になることは必至です」(前出・織田氏)

 ちなみに姉のアリスも映画「銀の匙 Silver Spoon」や、下着メーカー「トリンプ」のイメージキャラクターとして、何度となく胸の谷間を公開している。性格こそ違うが、競うように大胆になっていく艶姿を見ると“オヤジ殺し”の要素は十分。

 一つ気をつけるとすれば、やはり「恋愛スキャンダル」であろう。

「1年前にジャニーズJr.の宮近海斗とのツーショット写真が取りざたされた。事務所の先輩の北乃きいが『ホテル帰り写真』が掲載されて人気が急降下した例もあるので、気をつけてもらいたい」(前出・織田氏)

 全てのオヤジたちの願いでもある。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人