スポーツ

巨・坂本だけじゃない!「夜のベストナイン」を一挙暴露!(2)パ・リーグも遊び人が続々…

20150312f

 猛威を振るう巨人勢に迫るのは、かつて女子ゴルフの古閑美保(32)とのただならぬ関係が報じられた阪神・西岡剛(30)。13年夏にはクラブホステス21人をクルーザーに乗せて、船上パーティに興じたりもした。

「西岡とよくつるんでいるのは、大阪桐蔭の後輩、日本ハムの中田翔(25)。その船上パーティにも同乗していますしね。中田はこの沖縄キャンプでも名護から那覇まで繰り出していた。シーズン中はチームの若手野手を引き連れて札幌や六本木で焼き肉、そのあとに何軒もクラブをハシゴします」(スポーツ紙デスク)

 ロッテには“ベストナイン”必至のツワモノが3人もそろう。涌井秀章(28)とサブロー(38)は、涌井が西武時代からの「遊び仲間」。パ・リーグ関係者が話す。

「サブローに『今度、西武戦で行くから女を用意しとけよ』と頼まれ、涌井が合コンを催していました。涌井のロッテ移籍も、サブローが『一緒にやらないか』と誘ったからだと‥‥」

 涌井の“快速球”エピソードは枚挙にいとまがない。涌井目当てで見学に訪れる女性ファンを「来る者は拒まず」。WBC直前の13年2月の宮崎合宿中にはソフトバンク・森福允彦(28)らと食事のあと、美女の肩を抱きながらタクシーに乗り込む様子が写真誌に撮られた。

「涌井は選手名鑑の『好きな女性有名人』欄に書く名前が頻繁に変わりますが、全て深い間柄の女性との噂が流れています。杉崎美香(35)など、実際に交際が明らかになった女性もいましたし、板野友美(22)や香里奈(31)の名前もあがった。西武時代、とにかく夜は遊びに出るという“素行不良”を注意されましたが改善されず、半ば放出される形でロッテ移籍となったようです」(パ・リーグ関係者)

 今季から選手会長に就任した守備の職人、岡田幸文(30)について、「チーム内では『夜の三冠王』と呼ばれています」と明かすのは、球団関係者。

「夫人が住む栃木の自宅を離れ、単身赴任。以前、クラブチームからのはい上がり人生がテレビ番組で紹介されましたが、放送日の夜、女性と会っていた。遠征先宿舎の部屋にも女性やあちらの関係の女性が入る場面が選手たちに目撃されています」

 彼ら球界の「遊び人」たちを率いるのはもちろん、「1億円愛人騒動」の巨人・原辰徳監督(56)。さらに関係のあったものまねタレント・星奈々(42)に〈愛しい奈々!おはよー!チュッ(笑)。まだお風呂かな?一緒に入ろう!〉という恥ずかしいメールを暴露された阪神・和田豊監督(52)がヘッドコーチでサポート役だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”