芸能

「忽然と消えたアイドルグループ」華やかな80年代篇(2)新田恵利が病魔に…

20150307kieta_idol_b

「欽ちゃんのどこまでやるの!?」から派生した3人組が「わらべ」。番組の人気から「めだかの兄弟」が大ヒットしたが、高部が不祥事により脱退。倉沢淳美はセレブ妻で再注目された。

 美形のトリオながら今ひとつパッとしなかった「キャンキャン」は、センターを山本博美に変えたことで注目度がアップ。

「その山本は引退後に京本政樹と結婚し、長男の京本大我はジャニーズJr.に所属しています」(芸能記者)

「オールナイトフジ」から派生した「おあずけシスターズ」は、片岡聖子と井上明子によるコンビで、レコードも発売。井上は引退。片岡は現在も女優業をしながら、実家を継いでエビの卸会社の社長になっている。

 85年にスタートした「夕やけニャンニャン」は、女子高生たちを前面に押し出し、空前のアイドルブームを生み出した。

「エースの新田恵利は、昨年、『最悪、死。半身不随になるかも』と脳動脈瘤を告白。今でも経過観察を続けています。秋元康夫人の高井麻巳子と『うしろゆびさされ組』でコンビを組んだ“ゆうゆ”こと岩井由紀子は、中山秀征と破局後に青年実業家と結婚、二児の母に。工藤静香らと『うしろ髪ひかれ隊』のメンバーだった生稲晃子は、子育てをしながら夫婦で六本木の鉄板焼き店を経営、ときどき女将として店に出ています。店には、同じプロダクション尾木所属のAKBメンバーたちのサイン色紙が飾ってありました」(芸能記者)

 そして、おニャン子解散以降、「アイドル氷河期」の90年代に突入していく。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方