芸能

「忽然と消えたアイドルグループ」華やかな80年代篇(2)新田恵利が病魔に…

20150307kieta_idol_b

「欽ちゃんのどこまでやるの!?」から派生した3人組が「わらべ」。番組の人気から「めだかの兄弟」が大ヒットしたが、高部が不祥事により脱退。倉沢淳美はセレブ妻で再注目された。

 美形のトリオながら今ひとつパッとしなかった「キャンキャン」は、センターを山本博美に変えたことで注目度がアップ。

「その山本は引退後に京本政樹と結婚し、長男の京本大我はジャニーズJr.に所属しています」(芸能記者)

「オールナイトフジ」から派生した「おあずけシスターズ」は、片岡聖子と井上明子によるコンビで、レコードも発売。井上は引退。片岡は現在も女優業をしながら、実家を継いでエビの卸会社の社長になっている。

 85年にスタートした「夕やけニャンニャン」は、女子高生たちを前面に押し出し、空前のアイドルブームを生み出した。

「エースの新田恵利は、昨年、『最悪、死。半身不随になるかも』と脳動脈瘤を告白。今でも経過観察を続けています。秋元康夫人の高井麻巳子と『うしろゆびさされ組』でコンビを組んだ“ゆうゆ”こと岩井由紀子は、中山秀征と破局後に青年実業家と結婚、二児の母に。工藤静香らと『うしろ髪ひかれ隊』のメンバーだった生稲晃子は、子育てをしながら夫婦で六本木の鉄板焼き店を経営、ときどき女将として店に出ています。店には、同じプロダクション尾木所属のAKBメンバーたちのサイン色紙が飾ってありました」(芸能記者)

 そして、おニャン子解散以降、「アイドル氷河期」の90年代に突入していく。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
戸田恵梨香、「大恋愛」最終回で視聴者が寄せた「大号泣ポイント」と“不満”!
2
“第4子命名公表”に祝福の声続々!?辻希美の好感度がグングン上がる理由
3
Koki、「理想の女性は母」発言で出てしまった「言わないほうがよかった」の声
4
清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!
5
上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…