エンタメ

蛭子能収、福山雅治ら長崎出身芸能人が愛する、アノ食べ物とは?

20150317marutai

 12日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)で、いままで競艇で「総額1億円は使っていると思う」と告白し、視聴者を驚かせたのが漫画家の蛭子能収だ。

 番組内では共演者の徳光和夫に「もっと負けてると思う」と指摘されていたが、それほどまでにタレント業で稼いできたのかと思うと、いやはやお見事である。

 テレビ東京「ローカル路線バスの旅」でそのキャラクターが再注目された蛭子。今年の正月特番では裏番組の「めちゃイケ!」600回記念SPさえも抑えた視聴率王で、いまやバラエティ番組にも引っ張りだこの存在なのだ。

 浮き沈みの激しいテレビ界で生き残るどころか、67歳にして人生何度目かのブレイクを果たした蛭子だが、趣味の競艇通いはいまだ健在。そんな蛭子が平和島に行った後に一人でふらりと立ち寄るのが、とある九州料理屋だとか。

 そこで蛭子は麦焼酎と辛子れんこん、そして好物の皿うどんをよく食べるという。

 なんでも地元ではウスターソースをかけるのが定番らしく、フジテレビ系「ウチくる!?」の番組で行きつけのお店として訪れた際も、蛭子は「俺は断然ソース派」と言ってソースをかけて食していた。

 皿うどんを愛する長崎出身の芸能人は多く、あの福山雅治もコンサート会場で、福山支配人プロデュースによる飲食店を出店し、皿うどんをメニューに提供している。また、

「福山自身が経営していると噂される都内の小さなバーの看板メニューも皿うどんで、飲んだあとのシメの一杯に注文する人が多く、その味もまた格別だと聞きます」(芸能関係者)

 カンタンな調理法で野菜もたっぷり摂れることから、昨今、健康志向の人たちにも注目されているという皿うどん。

 ちなみに棒ラーメンでおなじみのマルタイでは、福山とまではいかないが、皿うどんを使ってイケメンを捕まえる、笑える恋愛テクニック講座が展開されていて興味を引く。また、「長崎皿うどん」~愛の皿うどんキャンペーンも実施中なのでそちらもご覧あれ。

 くれぐれも蛭子さんを捕まえないよう、皿うどんで女子力を上げる参考にしてほしい。

【参考】

■恋愛テクニックコンテンツページ

http://www.marutai.co.jp/campaign/holding/motetec

■「長崎皿うどん」~愛の皿うどんキャンペーン(3月13日~5月31日まで)

http://www.marutai.co.jp/campaign/holding/lovesaraudon/

 

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?