芸能

仲間を売って炎上!E-girls・Amiが「逃走中」で賞金に目がくらんだ理由

20150319Ami

 3月15日放送の「逃走中~誘惑の扉~」(フジテレビ系)にE-girls のAmiが出演。賞金目当てに“自首”したことが原因で炎上し、注目を浴びた。

「同番組は、いわゆる“鬼ごっこ”企画で、制限時間が残っていても賞金を得られる“自首”という途中リタイア制度がある。仲間を売ったあげく、自分だけ“自首”して120万円をゲットしたAmiには、『あれがアイツの本性』『ファンやめます』と非難の声が殺到。彼女が『賞金を自宅のリフォーム代に使いたい』と答えたことで、かなり印象が悪くなった」(芸能ライター)

 過去にはドランクドラゴンの鈴木拓や平成ノブシコブシの徳井健太も、Ami同様に炎上しているが、テレビ誌のライターは、「誰が出演するかが、この番組の楽しみの一つ」だと語る。

「女性陣のチョイスがユニークで、その時々で気になる人を積極的に取り上げています。Amiの所属するE-girlsは人気が高いですが、個々のメンバーまではお茶の間に浸透していない。そこで芸歴が長くて人間味のあるAmiが選ばれたのでしょう」

 Amiと同じ回にはテレビ復帰から間もない矢口真里も出演。過去には、ざわちんや、中村雅俊の娘でモデルの中村里砂が出ており、この放送がキッカケで一気にお茶の間の知名度が上昇している。

「その中村は、口を動かすと疲れるという理由であまり食事を摂らず、そのおかげで太らないという珍エピソードの持ち主。走ることが基本の『逃走中』への出演はまさにミスマッチで、そんな意外性も注目を集める理由になったのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに、ショッピングセンターやテーマパークが舞台になっているにもかかわらず、一般客が映っていないことが多い。撮影という理由で人払いでもしているのだろうか?

「実は、夜明けとともに撮影を始め、営業時間が始まる前に終わるというスケジュールなんです。そのため、出演者の顔に当たる太陽が、明らかに横からの光になっています。出演者は前日の夜に現場入りし、打ち合わせとヘアメイクを済ませてから本番。撮影が終了すると解散というケースも多く、とても効率の良い番組になっています。一方で出演者の人数が多く、撮影場所も郊外やリゾート地がほとんどなので、キャスティング担当のスタッフは本当に大変なのだとか。撮影場所に向かうロケバスが出発した時、出演者を見送ったスタッフは安堵のあまりへたり込んだこともあるといいます」(番組関係者)

 ほとんど徹夜状態で参加しているのだとすれば、Amiが賞金欲しさに自首したのもわかる気がしてきた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!