芸能

「美人すぎる○○」で気になる5名を挙げたなかに、まさかの格闘技が!?

20150404bijin

 なにかと話題になりがちな“美人すぎる○○”の女性たち。今回はスポーツ分野を中心に、気になる美人5名をピックアップしてみたい。

 美人すぎるビール売り子から人気タレントになったのは、「バイキング」(フジテレビ)で月曜レギュラーを務めるおのののか。彼女の場合、芸能事務所入りと前後して売り子をしていたので、厳密には売り子からの転身ではないが、アルバイトで月収30万円も稼いでいたそうだからこれはもはや本業の域。もちろん今ではそれ以上に稼いでいるのは間違いなさそうだ。

 同じく野球関連で話題なのがカープ女子。なかでも“神3”と称されるちほ、ちさ、けいの3人は、そのままアイドルユニットでデビューできそうな美人すぎるカープ女子だ。ちほは読者モデル、けいはプロバイオリニストで純粋な素人ではないが、「巨人ファンの彼氏と『何かが違う』と別れた」(ちさ)というエピソードはカープ男子を勇気づけてくれる?

“美人すぎる女流棋士”として話題なのは、立命館大学在学中の才媛でもある香川愛生女流三段。女流王将を連覇する実力の持ち主ながら、バラエティ番組ではAKB48渡辺麻友になぞらえて“将棋界のまゆゆ”と紹介されたほどのキュートさを誇る。そんな香川のニックネームは攻めの棋風に由来する“番長”。こんな番長にはガンガン攻めてもらいたいものだ。

 鳩山元首相がお熱を上げたのは、“美人すぎる検事長”ことクリミア共和国高等検察庁のナタリア・ポクロンスカヤ。絵に描いたようなロシア美人と制服姿のコントラストに注目した絵師たちが、競って彼女のイラストをネットに投稿。彼女の名前で画像検索すると、イラストが大量にヒットする状況だ。そんな人気のナタリアだが、ロシアの強引なクリミア併合に対する制裁として、日本やEU諸国への入国は禁止。幻の美人となってしまっている。

 最後に紹介したいのはスポーツ選手。サッカーの川澄奈穂美や、モデルも務める空手家の武田梨奈も人気だが、ぜひ覚えてもらいたいのがこの3月まで女子高生だった全日本王者の野崎舞夏星である。彼女が打ち込んでいるのはなんと、相撲なのだ! 相撲とは言っても軽量級(60kg未満)なのでスタイルも良く、しかもルックスはアイドル顔負け。“美人すぎる相撲選手”なんて言葉の存在自体が不思議だが、初段を持つ柔道でも有望視されているそうなので、ぜひもっと表舞台に出てきてもらいたいものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
3
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!