芸能

米倉涼子、挙式キャンセルでも「離婚」を否定し続ける裏事情とは?

20150405yonekura

 昨年12月26日に2歳年下で会社経営男性のAさんと結婚した女優・米倉涼子(39)に、早くも夫との別居説が報じられた。

 一部スポーツ紙の報道によると、2人は都内の高級マンションを借りて新婚生活をスタートさせたものの、ケンカが絶えないなど性格の不一致を理由に米倉がもともと暮らしていたマンションに戻る形で別々に暮らし始めたという。さらに、別のスポーツ紙は、米倉が8月に米ハワイで予定していた挙式をキャンセルしたことも伝えている。

 米倉の所属事務所は別居報道について「事実無根。別居ではない」と否定し、「米倉は日頃から両方の家を行き来している」としたうえで、「夫婦ゲンカの一環。ケンカをして(独身時代から所有するマンションに)帰ることもあるかもしれないが、別居ではない。現時点では離婚の話は一切出ていない」と説明している。

 だが、スポーツ紙デスクはこう語る。

「まあ、週刊誌などに比べると、我々は日頃からプレス発表モノなどで芸能事務所さんとは深い仲ですから。根も葉もない話ならさすがにここまでトバせませんよ。米倉さんは数多くのCMに出演している売れっ子女優ですし、別居問題で好感度を下げるわけにはいかないということで所属事務所さんは必死に否定してはいますけどね」

 実際、各スポーツ紙は離婚も視野に入れて水面下で米倉のマークを強化しているそうで、今回ばかりは所属事務所の必死の“バリア”も効果は期待薄のようだ。そうした中、別の芸能プロダクション関係者は、そもそも今回の騒動の原因は所属事務所にあると話す。

「米倉さんは一見強いキャリアウーマン志向に見えますが、もともとは男性に甘えたい結婚願望が強いタイプです。それでも、モデル、女優として育ててもらった所属事務所に恩義を感じて、ストイックに頑張って仕事を最優先にしてきました。ところが、所属事務所のほうは、そんな米倉さんに感謝するどころか、売れっ子になって仕事の単価が上がってからも、『今が稼ぎ時!』とばかりに過密スケジュールで働かせまくった。結果、所属事務所に不信感を募らせた米倉さんは結婚という形で“意趣返し”をしたわけです」

 さすがに結婚となれば、所属事務所も独身時代のようには仕事を詰め込みにくい。

 所属事務所の猛反対を押し切り電撃婚を果たし、自由な時間を手に入れた米倉は幸せになれるはずだったが‥‥。

「要は、所属事務所との対立というリスクを冒してまで結婚したにもかかわらず、ダンナさんはそうした事情まで理解できていなかったということでしょう。2年近く付き合ってはいたものの、結婚となると話は別ですからね。ダンナさんは会社経営者といっても2年前に会社員から独立したばかりで、お世辞にも大金持ちとは言えないですし、仕事の付き合いでかなり忙しいみたいですからね。自由を得るために結婚を焦り過ぎたのかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)

 ドラマでは“失敗しない女”を演じて人気を博した米倉だが、プライベートはそうもいかないようで──。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」