芸能

人気女優「知られざる歌手時代」(1)小室ファミリーの“末席”にいた仲間由紀恵

20150509kasyu_a

 映画では数々の主演女優賞を受賞、出演ドラマは高視聴率を叩き出し、CMに出ればその商品の売り上げが倍増すると言われる人気女優の仲間由紀恵。そんな彼女にとって鬼門だったのが“歌”である。

「沖縄出身の仲間は、地元のテレビ局制作のドラマでデビューを果たし、上京後は演技と並行して歌手活動を行っていました。篠原涼子らを輩出した東京パフォーマンスドールに短期間ですが、正式メンバーとして在籍していたことはかなり有名です」(芸能記者)

 そして、96年、あの小室哲哉が司会を務めた音楽番組「TK MUSIC CLAMP」(フジテレビ系)のエンディングテーマ「MOONLIGHT to DAYBREAK」をリリース、念願のCDデビューを果たした。しかし、このシングルはオリコンチャートで最高74位。ソロではトータル7枚のシングルを発表しているが、そのほとんとが100位以下と惨敗を喫している。

「彼女の悲しいところは、小室ファミリーの一員とは言いつつも、プロデューサーを務めたのがTK御大ではなく、小室の右腕・久保こーじだったこと。つまるところ、ファミリーでもかなり末席に位置していたわけで、隆盛を誇った小室の恩恵をほとんど受けられなかった」(音楽ライター)

 その後、06年に仲間由紀恵withダウンローズ名義でリリースした、CMからの派生曲「恋のダウンロード」が売れたことで、歌手としてようやく雪辱を果たしたのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”