芸能

ペ・ヨンジュンは出演しない!?「冬のソナタ」続編が高確率でポシャる理由

20150527yongjoon

「微笑みの貴公子」として大フィーバーを巻き起こし、日本での韓流ブームを牽引した韓国人俳優のペ・ヨンジュン。そのブームとなったドラマ「冬のソナタ」の続編が制作されることが発表されたのは4月14日のことだった。

「冬のソナタ」の制作会社であるPanエンターテインメントが、演出家のユン・ソクホ、脚本家のユン・ウンギョン、キム・ウニを再結集して続編を制作、5月に脚本が完成する予定という。韓国エンタメライターが内幕を語る。

「5月も下旬になったが、脚本完成の報告はありません。第一報では、主演俳優も内容も未定とのことでした。具体的なクランクインの話もないし、資金調達のための発表のようでした。デカいアドバルーンをあげれば、一儲けを狙う輩が寄ってきますから。韓国では、特にそうです。続編制作の理由として、冷え込んだ日韓関係を改善したい、というお題目をあげていて、鼻白む思いがしました」

 どうやらこの続編、かなりの確率でポシャりそうだという。日本ではすでに韓流ブームは消え去り、韓国への渡航者は激減し、韓流映画の上映館だった六本木の映画館は6月で閉館が決まっている。「一番の理由はペ・ヨンジュンの結婚発表にある」と語るのは、芸能ライターだ。続けてもらおう。

「ペ・ヨンジュンが選んだ相手がまずかった。弟のようにかわいがっていた同じ事務所の後輩俳優キム・ヒョンジュンの元カノ、パク・スジンで13歳も年下。体調を崩して気弱になっていたペ・ヨンジュンを看病して結婚に持ちこんだ。さらに、ヒョンジュンの軍隊入隊2日後に結婚を電撃発表するやり口に、ヨン様も普通の男だったのね、とファンは失望したわけです。この先、冬ソナ続編に主演しようが、以前のようなフィーバーはないでしょう」

 ちなみにユン・ソクホ監督は3年前にチャン・グンソク主演で連続ドラマ「ラブレイン」を監督。時代遅れの陳腐な内容で平均視聴率は5.3%、最低視聴率4.4%まで下落。以来、新作はない。感性を否定され、過去の人扱いされている監督のオファーを利にさといペ・ヨンジュンが引き受ける確率は万に一つもなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!