芸能

元KARAハラを襲った“性的動画脅迫”騒動で日本では意見が真っ二つ!?

「ミスター」「ゴーゴーサマー」などなど、日本で大ブレイクした時代を思い出すと大ショック。今は活動拠点も本国の韓国とはいえ、ちょっと衝撃的かもしれない。

「本国よりも日本でのブレイクのほうが圧倒的に有名な『KARA』。元メンバーのなかでも安室ちゃん風のルックスで人気者だったハラですね。そんな彼女の元交際相手が『性的動画を拡散させる』と脅迫したというニュースには驚きました。ハラの弁護側は執拗なその元交際相手を告訴したとのことですが、もしこれが日本のアイドルと考えたら、ワイドショーを独占するぐらいの大事件でしょう」(女性誌ライター)

 元交際相手はハラ宛てに問題の動画を送りつけるという卑劣な手段を取ったようだが、それに対しハラ本人は土下座しながら「やめてほしい」と訴えたとのこと。ところが、こうした一連の報道内容が日本国内で真っ二つのコメントを集めてしまったとか。

「痴情のもつれが原因というウワサのようですが、日本国内では『ハラちゃん可哀相』『同じ女として泣けてきた』という同情意見と、『なぜそんなものを撮らせるのか』『土下座するぐらいならやめておけばいいのに』『男を見る目がなかっただけ』などの自業自得という声で分かれていますね。でも近年、社会問題になっているリベンジ性的動画の洗礼をまさか元人気アイドルが受けるなんて…」(前出・女性誌ライター)

 さらに突っ込んだ内容の多いネットサイトでは、意見は四方八方に分かれているようで、「動画を見たい」「やることやってたんだ」という男たちからのゲスで茶化すような意見、「大きな芸能事務所なら事前に金で表沙汰にならなさそう」「もう活動できない」といった冷静沈着な声も目立つ。でも、女性を中心に、多くのファンは動画を残すことへの軽率さに猛省を促しながらも、ハラに対してはおおむね同情的。

「なぜなら、今回の報道自体がある意味、“ハラスメント”的な性質を持ってしまうのではないかという声が多いからです。この報道で、元大人気アイドルのハラが性的動画を取っていたという事実だけが一人歩きしますから、たとえ事件が解決してもハラのイメージダウンは逃れられない。元KARAのファンの女性などは、もう少しデリケートな報道の仕方はなかったのかと苦言を呈してます」(前出・女性誌ライター)

 ファンからは「また日本に戻ってきて、一から出直してみらら?」という温かい意見も。どちらにせよ、ハラのあの笑顔が少しでも早く戻ることを祈りたい。

(飯野さつき)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”