芸能

韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か

 韓流ドラマ「がんばれ!クムスン」や「パンドラ 小さな神の子供たち」などで知られる韓国の人気俳優、カン・ジファンが7月9日、所属事務所の女性スタッフに暴行を加えた容疑で逮捕された。

 そのジファンは現在、連続ドラマ「朝鮮生存記」で主役を務めているが、放送局のTV朝鮮では週末の13、14日に予定されていた放送の中止を決定。さらにジファンの出演作を再放送も含めて今後、一切放送しないことも決めたという。この一件について韓流事情に詳しいライターが説明する。

「韓流ドラマの特徴は、ほぼ“撮って出し”で制作されていること。それこそ今週末の放送回は、まさに今、撮影と編集が行われている最中だったはずです。それゆえ主演俳優が逮捕されてしまうと、それ以降の回は制作自体が不可能に。その意味では綱渡り的な制作体制と言えますが、その一方で今回のような不測の事態が発生した場合には収録分がお蔵入りになるという無駄が生まれないため、被害を最小限に抑えることができるとも言えます」

 今回のような出演俳優の不祥事は日本でも散見されるが、さすがに放送中のドラマで主演俳優が逮捕される例はめったにないはず。しかもドラマ「朝鮮生存記」は6月8日に第1話が放送されたばかりだ。その事後対応に日本のテレビ局が熱い目を注いでいるという。

「ドラマ『朝鮮生存記』の制作会社では代役俳優を検討していると明かしているそうです。幸いにもドラマが始まったばかりなので、ここで強引に主役俳優を交代し、今後のDVD化に際しては第1話のみを撮り直すこともあり得るでしょう。日本では考えづらい力技ですが、薬物容疑で実刑判決を受けたピエール瀧のケースでは、出演中のNHK大河ドラマ『いだてん』で急きょ、三宅弘城が代役で出演する一幕もありました。それゆえ日本のテレビ局でも《主演級の役者が不祥事を起こした場合》のシミュレーションは行っているはず。その緊急事態における現場対応のモデルケースとして、ジファンの逮捕が注目されていることは間違いありません」(テレビ誌ライター)

 日本のテレビ局では今後、不祥事を起こしかねない俳優をドラマで起用する際には、代役まで検討するようになるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然