芸能

祖父・竹下登から続く鬼門!?DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは?

20150530daigo

「HMで‥‥走ります」

 5月26日、生放送中にDAIGO(37)は、お得意のイニシャルネタでオファーを快諾した。これで、今年の「24時間テレビ」のチャリティマラソンランナーが決定したわけだが‥‥。

「サプライズオファーは話題作りのための演出であり、1週間の猶予も何もDAIGOが快諾するのは、最初から規定路線と見られていました」(芸能記者)

 多くの芸能マスコミは驚かずに、この日を迎えた。

 ところが、あらぬ場所ではオファー受諾に驚愕していた。その場所とは永田町。DAIGOの祖父は故・竹下登元首相である。その因縁が驚愕を呼んだという。

 政治部デスクが言う。

「竹下氏は87年に中曽根康弘氏から禅譲される形で総理となったのですが、その際に、安倍晋太郎氏(故人)と宮沢喜一氏と三つ巴の後継争いを繰り広げた。結果、竹下氏が首相後継を勝ち取るのですが、16時間におよぶ密室会談の末の決着だったため、『密室マラソン』と新聞各紙が大批判を展開した。以来、竹下家ではマラソンは鬼門とされていただけに、DAIGOが本当に迷っているのではないかと、永田町では言われていました」

 竹下氏は総理就任の晩に帰宅して、「アイムソーリー、僕ソーリ」とギャグを飛ばした。今や、DAIGOの持ちネタの1つとなっている話だが、「密室マラソン」を駆け抜けた“ランニングハイ”だったことは想像にかたくない。

 大批判の中、政権をスタートさせた竹下氏だが、リクルート事件の余波で、1年半の短期政権で終焉。竹下氏は闇将軍よろしくキングメーカーとなった。

「それもつかの間、92年には『佐川急便事件』が発覚し、“ほめ殺し”による『皇民党事件』まで露呈して、竹下氏は失脚します。その際、野党は『竹下流でいく』として『マラソン演説会』という批判集会を開催。さらに市民団体も『マラソンリレー抗議』という活動を展開しました。最後まで『マラソン』の4文字に苦しめられた政治家でした」(前出・政治部デスク)

 マラソン当日は恋人の北川景子の誕生日。ゴールで待ち受ける演出が噂されているが、DAIGOが待ち望むのは、完走して祖父のタブーを破ることかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声