芸能

「ど根性ガエル」で試される前田敦子の女優根性、長ゼリフ地獄に勝てるか?

20150603maeda

 7月にスタートする連続ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)のヒロインに、女優の前田敦子が決まった。同ドラマは、1970年に「週刊少年ジャンプ」で連載した同名漫画が原作。72年から放送されたテレビアニメは大人気となった。

 テレビ誌ライターが初の実写ドラマについて解説する。

「原作から16年後の世界、2015年夏が舞台。松山ケンイチふんする主人公のひろしをはじめ、前田が演じるひろしのマドンナ・京子ちゃんも大人として登場。結婚生活に失敗したバツイチ女性としてリアルに描かれます。昔と激しく様変わりしてしまった京子ちゃんを救うべく、ひろしは転んだ際にTシャツに張り付き“平面ガエル”となったピョン吉と一緒に立ち上がるという筋立てです。前田に求められるのは、明るく元気で天真爛漫な女の子ではなく、人生の失敗を数々経験してきた陰のある大人の女です。6歳も実年齢より年上の結婚経験者という未知の役柄とあって、演技力が大いに試されることになります」

 前田は「原作の世界観を損なわないためにも、暗くならないように演じていきたい。回が進むにつれて、どんどんアニメのような楽しさが戻ってくれば」と意気込んでいる。

 AKB48を卒業後、映画を中心に女優として活動してきた前田だが、記憶に残るのは、山本裕典、佐藤健、尾上松也といった俳優との恋愛遍歴ばかりで、ヒットとは縁遠い日々を送っている。その理由の一つに性格があげられると指摘するのが、芸能ライターだ。

「人見知りで初対面の人に話しかけられないほど内気な性格。慣れるまでが大変らしい。自分より年上ばかりの現場だけに、気の遣いようも半端でなく、大変なはずです」

 今回のドラマの脚本はNHK朝の連ドラ「ちゅらさん」などヒットを連発している人気脚本家の岡田惠和。大人の恋愛劇を書かせたら右に出るもののない実力者だ。ただし、役者はかなり苦労させられることでおなじみ。

「連ドラ『銭ゲバ』(日本テレビ系)で岡田とタッグを組んだ松ケンは経験済みです。とにかく膨大な台詞が割り振られる。現在放送中の連ドラ『心がポキッとね』(フジテレビ系)も岡田の脚本。ヒロインの山口智子がネをあげていた。1シーン32ページの長台詞をしゃべるシーンを筆頭に、とにかく毎シーン、息切れしそうなほどの台詞をしゃべらされる。今回も同様で、前田がパニックになることは間違いない。京子の祖母役で出演する白石加代子は長年ひとり芝居を務めたベテラン舞台女優。うまく懐に潜り込んで、教えを乞うような形で乗り切っていければいいが」(前出・テレビ誌記者)

 恋愛にうつつを抜かしている場合ではなさそう!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ