社会

「発ガン率」にも効果「Rー1ヨーグルト」

「昨年12月と比べて約5倍の売れ行きです。生産が追いつかず、小売店さんや消費者の方々にご迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っております。当面は他の商品の製造を抑えて、その分『R─1』の製造に注力する態勢を取っていくつもりです」
 こう話すのは、食品業界の大手・㈱明治の広報部。同社の「明治ヨーグルト『R─1』」が、インフルエンザ予防に有効だという理由で大ブーム。先月、「あさイチ」(NHK)などでも取り上げられ、売り上げが急上昇。全国的に品薄状態になるほど、大人気となっているのだ。
 そもそも、このヨーグルトに含まれる「R─1乳酸菌」については、昨年8月、有田共立病院・井上文夫院長と、順天堂大学医学部・奥村康特任教授が研究結果を公表している。
 調査が行われたのは10年10月からの約半年間、当時インフルエンザ感染率が4・37%と全国ワースト1位を記録した佐賀県が舞台だ。有田町町内の小中学生全員(1904人)と、役場職員にR─1ヨーグルト飲料(112ミリリットル)を1日1本飲ませ、インフルエンザ(A、B、新型)の感染状況を調べた結果、有田町の感染率はわずか0・04%に減少。県全体の数値と比べると、約100分の1も低下したというのだ。
 研究結果を公表した順天堂大学の奥村特任教授が解説する。
「R─1乳酸菌には、人の免疫を担当するナチュラルキラー細胞(以下NK細胞)を活性化させる働きがあります。このNK細胞は体内を常にパトロールしていて、インフルエンザなどのウイルス感染細胞を見つけると単独で殺す働きを持っています。R─1乳酸菌は発酵する過程で多糖体(糖を含んだタンパク質)を大量に作り出す性質があり、この多糖体が体内に入るとNK細胞が活性化されて、より活発にウイルスを退治するんです」
 有田町で実施したアンケートでは「カゼにかかりにくくなった」「便通がよくなった」「乾燥肌が軽減」などの回答も寄せられた。
 奥村特任教授が続ける。
「カゼをひきやすい人、不規則な睡眠時間などによって生活リズムを崩しやすい人、日々、大きなストレスを抱える人などは、NK細胞の活性が低い傾向があります。そのため、悪性細胞を攻撃する力が弱くなって、結果的に病気やカゼになりやすいんです」
 長期的に見た場合には発ガン率にも影響するほど、NK細胞の活性化は健康にとって重要だという。
「体内では毎日5000個のガン細胞が発生しているんですが、それをNK細胞が処理することで、ガンの発生を防いでいるんです。しかし、NK細胞の機能が低下すると、生き残ったガン細胞が増殖。やがて、病気としてのガンにかかることになります。NK細胞はビタミンCやキノコ類に含まれるβグルカンを摂取することでも活性化しますが、大量に摂取しなければならないという問題があります。その点、R─1乳酸菌はヨーグルト100CCで摂取する量でいいため、効率的と言えるでしょう」(前出・奥村特任教授)
「R─1乳酸菌」は、摂取し続けることも大事だそうなので、いつでも手に取れるよう、市場が回復してくれることを願うばかりだ。
 

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情