芸能

伝説の刺青師が明かす“日活&東映スター”交流秘話「女優と“博徒”の家に遊びに」

20150611dd-3

 河野は1925(大正14)年、大阪府茨木市の生まれ。府立中学を出て海軍飛行練習生に志願、41年、土浦航空隊に配属される。44年より士官となり、やがて戦火拡大ととともにサイパン、テニアンと転進。飛行機乗りだった河野は九死に一生を得て復員。戦後は叔父が脚本家だった縁から映画俳優を志し、46年に東横映画に入社した。

 2年後の春、京都で戦友との花見の帰り道、土浦航空隊に映画「ハワイ・マレー沖海戦」(42年、東宝)の撮影で訪れ、河野らが予科練習生として撮影協力、交流のあった藤田進と再会。藤田の薦めで、新しくできた新東宝撮影所に入ったが、55年にはやはり藤田の推薦で新しくできた日活撮影所に移籍した。以後、無数のアクション映画などに出演する一方、日活の任侠映画の刺青は、全て河野が描いた。

 各社の任侠映画ブームの引き金にもなった高橋英樹の「男の紋章」シリーズ(日活)でも、高橋の背中一面に河野の描いた刺青が躍った。青春スター高橋英樹の任侠初挑戦は「平凡」など芸能誌や映画雑誌で取り上げられ反響を呼んだ。ブームに乗り次々に任侠物に主演した小林旭、「無頼」シリーズの渡哲也など、日活の任侠映画は東映と競うように作られ、河野は多忙を極めた。

「撮影所で描いたり、俳優さんの家まで出かけたり、僕の家まで来てくれた人もいる。英樹でも旭でも、僕が刺青を描くのは1回では済まないんだ。絵なんだから、4~5日で消えてしまうからね。描き直したり、手を入れたり。下絵や完成時に記録として写真を撮っておかないとつながりがわからなくなる。それで写真が多いんだ。まとめて写真集にする話もあったんだがね」

 昭和を代表する演歌歌手村田英雄と北島三郎が組んだ「関東義兄弟」シリーズ(日活)も手がけたが、村田とは浅草国際劇場の舞台「人生劇場」以来の古い付き合いで、当時、刺青の肉襦袢を嫌う村田が直接河野に依頼してきた。

 河野の刺青は、任侠ブームの花形だった。武者絵などから刺青の図案を勉強し、実際の彫物師から手捌きを学んだ。東映の藤純子や大映の江波杏子に対抗して、女ヤクザがブームだった頃に作られた扇ひろ子の一連の任侠映画も河野が刺青を描いた。

「扇ひろ子さんとは、家族ぐるみの長い付き合いになってね。一緒に勉強を兼ねて名だたる博徒の方の家に遊びに行ったこともある。『扇さん、誘われても賭け事は間違ってもやっちゃダメだよ。根こそぎ取られるよ』って言ってたんだが、親分に誘われて扇さん、サイコロやったんだ。案の定、10回やって8回くらい負け(笑)」

 東宝が本格任侠映画に初挑戦した「出所祝い」(71年)は、仲代達矢主演で五社英雄監督の作品。日活から出向し、長期の青森ロケに付き合う。仲代ほか、田中邦衛、黒沢年雄ら主だった出演者の背に刺青を描いた。親しくなったのは安藤昇。同じ海軍の予科練の出身だと判ると、「先輩、先輩!」と声をかけられた。河野は特攻隊員として、安藤も人間魚雷の乗組員として、もう少し戦争が続いていれば出撃命令が決行される寸前だった。

 五社監督は、91年に63歳で亡くなるが、無頼な生き方で知られ、その背には一面の茨木童子の刺青が彫られていた。死後、五社の生涯を追ったテレビ・ドキュメンタリーが放送されたが、河野は五社の背の刺青を10時間に及んで描き再現したこともある。その濃密な墨は、五社の修羅を生きる人生そのもののようだった。

 河野が長く交流したもう一人の俳優が杉良太郎。日活撮影所以来の付き合いだが、テレビ時代劇「新五捕物帳」(日本テレビ系)など多くの杉作品にレギュラー出演、舞台ではやはり「花と龍」を演じて河野が刺青を描いた。「花と龍」といえば河野の刺青という間柄で、テレビで渡哲也が主演した時も河野が刺青を描いている。

 一方、古巣の日活撮影所は、映画界の斜陽からロマンポルノ路線に転換、撮影所に以前と違う艶かしいにぎわいが漂うようになった頃、河野はそれらロマンポルノ作品にも呼ばれ、宮下順子、谷ナオミらスター女優の肌に妖しい色香香り立つ彫物を描くこともたびたびあった。河野の描く刺青はポルノ女優たちがまとう究極の衣裳というべき味わいがあった。

◆文:ルポライター 鈴木義昭

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!