スポーツ

西武・中村 VS 日本ハム・中田 パ・リーグホームラン王争いの行方に意外なダークホースが…

20150716m

 パ・リーグ本塁打王争いは、西武・中村剛也(31)が22本でトップ。それを1本差で追うのが、日本ハムの中田翔(26)とソフトバンク・松田宣浩(32)である。さらにはソフトバンク・李大浩(33)と柳田も17本で追撃中の大混戦だ。ちなみにセ・リーグのトップはヤクルト・畠山和洋(32)の19本で、2位は同じくヤクルト・山田哲人(22)の17本、3位がDeNA・ロペス(31)の13本である。

「中村は飛距離が別格。飛ばないボールを使っていた時も、異次元の飛び方だった」(スポーツ紙デスク)

 その打撃理論は楽天・デーブ大久保監督(48)に教わったものだ、と明かすのは、コーチ経験のある球界OBである。

「デーブが西武コーチ時代、付きっきりで教え、中村は『デーブさんのおかげ』と言っています。ティー打撃はボールを投げてもらうのではなく、棒のようなティー台にボールを置いて打つ方法。これをやっているのは中村ぐらいでしょう。デーブは立つ位置とポイントを変えて打たせました。このポイントで打てば左中間、とか。ホームベースを見立てて、外角いっぱいを『真ん中』、ド真ん中を『内角と真ん中の間』と呼び、徹底的にやらせたのです」

 常人にはわからない、何やら風変わりな解釈である。その結果、軸回転でムダな動きがなく、打つ瞬間だけ力を入れる、スイングスピードが驚異的に速い、独特の「デーブ打法=脱力打法」で覚醒したのだった。

 同じ大阪桐蔭高校出身、中村の後輩である中田も、インパクトの時だけ力を込める「脱力打法」の実行者。高校時代、自主トレで母校を訪れた中村を見て「どないしたらこんなにボールが飛ぶんや」と驚き、憧れていたという。スポーツライターが「肉体改造」の事実を明かす。

「今年は炭水化物断ちを実行しています。1週間に1回しか、米などを食べません。野菜、魚中心で、大好きな焼き肉も断っています。なので、焼き肉店には絶対に行きません。本拠地での試合後はまっすぐ帰宅し、夫人の食事を食べる。これで15キロ減量し、体のキレだけでなく、集中力も研ぎ澄まされました。体重を減らすとパワーも減るんじゃないかと心配していましたが、杞憂に終わりました。もちろん、夜遊びも自粛。酒1杯が茶碗1杯の御飯に相当するから、と。これらはオフに通っているジム『トータル・ワークアウト』の代表、ケビン山崎氏の助言ですね」

 先輩vs後輩の激しいホームラン王争いが勃発かと思いきや、

「過去5回の本塁打王に輝いている中村は『タイトルはいらない。十分、取ったでしょ』とそっけない」(前出・スポーツ紙デスク)

 意識しているのは、超ストイックに変貌した中田のほうなのだ。

 昨年の18本をすでに抜いた松田は、「コック」と呼ばれる「手首の返し」にスゴ技が潜んでいるという。

「バットコントロールが天下一品。スイングの際にコックを返すと引っ張りになりますが、それを直前まで我慢できる。スイングの途中で、コックを返さず流し打ちに変更できるのです。この技術を持っているのは12球団で唯一、松田だけ」(前出・球界OB)

 この「手首テク」を持ってバッターボックスの最後方ギリギリに立ち、ベースから思いっ切り離れ、グッと踏み込んで打つ。これも松田の特徴であり、飛躍の理由でもある。

 今季、本拠地の球場は外野スタンドから5メートルほど手前にフェンスを作り、「ホームランテラス」を設置。松田はそれをうまく利用して、何本も放り込んでいる。

 実力伯仲するパ・リーグの本塁打王争いから最後まで目が離せない。

(※記事中のデータは7月2日現在)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え