エンタメ

7億円サマージャンボは「33組」と「88組」で当てる!「4年置きに“0”の出現ナシ」

20150716n

 7月8日から31日まで「サマージャンボ宝くじ」が発売される。宝くじ発祥70周年の今年は、1等と前後賞合わせてサマージャンボ史上初となる7億円! ビッグな真夏の夢への道しるべは「サッカー女子W杯」と「世界遺産」だ。

 今年のサマージャンボは春のドリームジャンボより4ユニット(1ユニット1000万枚)多い23ユニットが発売される。抽せん日の8月11日には5億円長者が23人も誕生するわけだが、2等1000万円も57本から92本へアップ。まさに真夏のビッグボーナスといったところだろう。

 とはいえ、3大ジャンボの1等当せん確率は1000万分の1という超・狭き門。そこで少しでも夢のミリオネアに近づくために、宝くじアドバイザーの長利正弘氏に話を聞いた。

「ギャンブルに必勝法がないように、宝くじも狙って必ず当たるものではありません。ただ、チャンスの確率を上げることはできます。例えば、もし1等の組番号(01組から100組)が事前にわかれば、当せん確率は一気に10万分の1に跳ね上がりますよね。仮に10万枚購入すれば、3000万円。それで7億円が手にできるわけです(笑)。それはまあ、極端な話ですが、少ない予算で一攫千金を目指すなら、組番号や1万台の数字を狙い撃つのも作戦だと思います」

 長利氏は、先日行われた第678回ドリームジャンボでラジオ放送のbayfm「POWER BAY MORNING」のデリナビに出演し、組番号の十の位を「8」と予想。視聴者のチャンスアップにみごと成功している(1等は87組178686番)。

「過去の3大ジャンボの当せん番号を見ていると、それぞれに傾向があります。ドリームで目立っていたのが十の位です。『8』は11年から4年連続で続いていましたからね」

 では、サマージャンボの傾向はどのようなものなのだろうか?

「ドリームや年末ジャンボと比べて、頻繁に出現するような強い数字があまり目立たないところが特徴ですね。組番号の十の位にしても『4と5と9』(各2回)、組の一の位は『1』(3回)と『9』(2回)というように、どの数字も平均的に出現しています。であれば、今年は、ここ10年間で遠ざかっている数字を狙ってみたくなります」

 その狙いを整理すると、組十位は「1・3・8」で、組一位は「0・2・3」。さらに、それぞれを組み合わせた「10・12・13・30・32・33・80・82・83」組の9種類が候補にあがる。

「実は、今年は『0』が封印される年なんです。1等の当せん番号を調べると、99年から4年ごとに『0』の出現がない。それも組番号だけではなく、全ての番号で。4年間隔のイベントで思い浮かぶのはオリンピックですが、今年は『サッカー女子W杯』の年。なでしこの活躍で気づかされました(笑)」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声