芸能

鈴木奈々、ローラ…スッピン画像を公開する女性タレントの「秘密」とは?

20150719suzuki

 鈴木奈々、ローラ、有村架純など、近頃のネットニュースでは「女性タレントの○○がスッピン画像を公開!」という記事が増えている。これらの記事では、「超絶可愛いと評判!」や「ファンも大絶賛!」など、歯の浮くような賛辞がこれでもかと繰り返されるのが定番。たかだか自分の素顔を公開しただけなのだが、需要があるということなのだろう。

 この手のスッピン公開はタレント側にとって、自撮り画像をアップするだけなので楽ちんだ。しかもツイッターやインスタグラムなら、「スッピンだよ♪」とひと言書き添えるだけで済む。なんらかの理由でブログの更新が難しい状況だったり、発信できるほどのエピソードがないタレントでも、存在感をアピールできるのは大きなメリットだろう。

 だが、それらの画像は本当に“スッピン”なのだろうか? 芸能人は毎日のように入念なメイクを施しているため、一般人よりも肌が酷使されがち。そんな彼女たちの肌が、スッピンに堪えられるとはとても思えないのである。そこで、自称“スッピン”の芸能人たちが使っていると思われるテクニックについて調べてみよう。

 最もシンプルな方法は、スッピンっぽく見えるメイクを施すこと。素顔でも目が大きく見えるタイプの顔であれば、シミや肌荒れさえ隠せばスッピンは簡単に演出できるのである。そのためにはファンデーションをしっかり塗ればいい。顔全体の質感が均質になっていれば、メイク感は目立たないのである。

 次はテクノロジーに頼る方法だ。スマホ用の“メイクアプリ”では、肌をきれいに補正する機能や、目を大きく見せる機能など、数多くのメイクテクニックを装備。これを使いこなせば、アイメイクをしなくても眠たい目をパッチリさせ、お肌ツルツルのスッピンを演出できるのである。もはやフォトショップも真っ青の画像加工が簡単にできる時代になっているわけだ。

 自撮りに慣れているタレントなら、光の加減を上手く使うことでスッピンっぽく撮影できることも。露出オーバー気味で肌荒れを飛ばしたり、撮る角度を工夫して目を大きく見せるのはお手のものだ。スマホに標準装備されている画像補正機能でセピア色っぽくしてみるだけで、いろんなアラが隠せることもある。

 もちろん、なかにはスッピンそのものが美しいタレントがいることも事実。もっともそういう人ほど自分の美肌には無頓着だったりするもので、わざわざスッピン画像を公開しようとは考えなかったりする。もしそんな美肌タレントのスッピンにお目にかかることがあったら、眼福として画像を保存しておいてはいかがだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”