芸能

山Pは一安心?北川景子が友情宣伝も「表参道高校合唱部!」が壮絶爆死

20150725kitagawa

 7月17日にスタートしたテレビドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)の視聴率が6.6%だったことがわかった。主演は約1000人の中からオーディションを勝ち抜いた芳根京子が務めたが、まだ知名度が低く、多くの視聴者を引っ張ってくることができなかったようだ。

「TBS金曜22時枠といえば、前クールまで山下智久主演の『アルジャーノンに花束を』が放送されていましたが、視聴率は伸び悩み、最終回では7.2%まで下げてしまった。そしてその後に始まったのが『表参道高校合唱部!』でしたがその数字をさらに下回ることに。この結果に山下側は一安心していることでしょう。もしも、まだ無名女優である芳根に、数々のドラマで主演してきた山下があっさり敗北してしまったら、彼の立場はもうないと一部で言われていましたから」(テレビ関係者)

「表参道高校合唱部!」で主演を務める芳根京子は現在、ドラマ「探偵の探偵」で北川景子の妹役も演じている。そのため「表参道──」放送当日は北川も公式ラインで「みんな22時からはTBS見るんやで」と宣伝に協力していたが、結果は厳しいものとなった。だが今後、同ドラマは視聴率を上げてくる可能性があるという。

「初回視聴率は低いものとなりましたが、作品自体はドラマファンから評価が高く、メインとなる合唱シーンも感動したと、ネット掲示板やSNSなどで口コミが広がっています。主演こそ無名ですが、脇には大ヒット映画『シンデレラ』の日本語声優としても話題になった城田優がいますし、さらに今後は『アナと雪の女王』の吹替で一大ブームを巻き起こした神田沙也加が参戦するなど、話題性は十分。そのため今後は、音楽ファンを巻き込み、ジワジワと数字を伸ばしてくるのではないかと言われています」(テレビ誌記者)

 初回以降、数字を下げ続けた「アルジャーノンに花束を」だったが、「表参道高校合唱部!」は今後追い上げを見せて、山P越えとなるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった