芸能

TBS・吉田明世 視聴率アップのため身体をはる真面目な素顔

20150813i

 視聴率アップのテコ入れなのか!? 朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」でTBS・吉田明世アナ(27)の“肉弾営業”が止まらないのだ!

 今年春に元宝塚女優の真矢ミキ(51)を司会に抜擢し、激戦区である朝の情報番組の時間帯に参戦した「ビビット」。だが、視聴率争いでは苦戦し、2~3%台と低迷を続けている。

「番組がスタートしてから、方針はずっと迷走中です。女性向けの色っぽいビデオ特集をした時には、批判が殺到しました。司会の真矢さんも番組中にほとんどしゃべらず、目力だけがやたらに強くて、あれでは視聴者は胸焼けしちゃいますよ‥‥」(番組制作関係者)

 打開策が見つからず、スタッフがお手上げ状態の中、ここにきて孤軍奮闘しているのは、出演者の吉田アナだった。

 7月10日の放送回では、夏に向けた最新エクササイズとして、「バーレスクダンス」を紹介。ダンス教室に登場した吉田アナは、短パンの下にピンクのタイツ、上半身は胸元がざっくり開いたTシャツを着て、ちょっとかがむだけで小さな谷間がチラ見えする。

 先生のレッスンが始まると、まずは挨拶代わりと言わんばかりに、両手の指を絡めて前方に伸ばしながら、小さなヒップを突き出したポーズ。

 続いて、パイプイスを使った振り付けでは、イスの上に両足を乗せてしゃがんだ姿勢になると、先生から脚を開くように指示される。すると、吉田アナは急に顔を赤らめながら、

「か、開脚しちゃっていいんですか? アナウンス部にOK取ってます?」

 と抵抗しながらも、大胆に脚を広げて公開。みずから広げて見せつけるようなポーズをとるのだった。

 吉田アナの色香はとどまるところを知らない。

 7月23日の放送回では、話題の最新スポットとして、都内にある水族館「アクアパーク品川」に子役の男の子と一緒に出向いた。クラゲやエイなどを次々と見て回るが、それより気になるのは吉田アナの後ろ姿だ。白いワンピースがスケスケで、魚の説明も耳には入らない。

 今やTBS看板アナとしてレギュラー番組5本を抱えながら、こんなふうに朝から色香をまき散らしている吉田アナ。しかし、その素顔は周囲もあきれるほどの生真面目なキャラクターだとか。

「すっかり売れっ子でバラエティには欠かせない存在ですが、タレント的に扱われるのが苦手。最近のブレイクぶりにも『目立ちたくない』と吹聴するほど。私服も地味で、透けるのを極端に嫌って、グレーや黒のノースリーブのシャツばかりで、色っぽさなんてありません。だけど用意された衣装は断ることなく着て、番組を華やかにしてくれます」(前出・番組制作関係者)

 それでもストレスはたまっているようで‥‥。TBS局員はこう話す。

「仕事終わりにスタッフたちとよく飲みに行っています。『駆けつけ3杯』と言って、あっという間にビールを飲み干すのですが、『酔えない、疲れが取れない』とつぶやくことが増えています」

 視聴率が下がれば下がるほど、吉田アナの独り「白熱ライブ」は過激化していきそうで──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
純烈リーダー、「友井は死んだ」発言に「あのグループとは違う」と絶賛の声!
2
深田恭子をヤリ手会長に奪われた亀梨和也「結婚を決断できなかった理由」
3
女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが
4
ヤバい癖で迫る!?クロちゃん、お持ち帰り相手は“あの人気アイドル”だった?
5
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?