スポーツ

夏の甲子園「伝説の激戦」“2006年《和歌山・智弁和歌山VS東京・帝京》”

20150813c4th

2006年(第88回大会・準々決勝)

智弁和歌山(和歌山)13-12 帝京(東京)

 ともに何度も全国優勝を果たしている強豪校同士の対決であり、甲子園を知り尽くす名将対決でもあった。

 7回を終わって8対2と智弁和歌山が大きくリード。帝京も8回に2点を返し、9回には、なんと怒濤の5連打などで8点を奪って逆に4点リードする展開になる。だが、帝京は先発の高島祥平はじめ、垣ケ原達也、大田阿斗里と主力投手を使い果たしていた。

 9回の智弁和歌山は、4番・橋本良平の3ランで1点差とし、その後もチャンスを作っていく。ここで代打・青石裕斗が同点タイムリーを放ち、なおも満塁と攻め続ける。最後は急きょマウンドに上がった6人目の投手が四球を与えて押し出し。智弁和歌山が執念でサヨナラ勝ちをつかみ取った。どんな局面になっても慌てない智弁和歌山の勝負強さ。押し出し四球を選んだ古宮克人主将は、

「ボクたちは厳しい練習に耐えてきたという自信と負けん気があった」

 と、磨き上げられた野球エリートのたくましさを誇ったのである。それにしても、両チーム合わせて7本の本塁打が乱れ飛ぶ大乱戦。ただ単に点の取り合いという表現だけでは済まされない、甲子園常連校同士のすさまじい試合である。ボクシングでいえば、最終ラウンドでダウンの奪い合いといったところだろうか。百戦錬磨の智弁和歌山・高嶋仁監督も、疲れ切った表情で言った。

「こんな展開になるとは、さすがに予想できなかった。選手が最後まで諦めなかったことが勝因」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
2
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩
3
落胆したの!?桜井日奈子の“橋本環奈絡み”告白に世間から「失礼!」の洗礼
4
安倍昭恵夫人、「私的な“桜を見る会”を楽しんだ」写真報道で批判殺到!
5
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上