芸能

元AKB48川栄李奈が舞台「AZUMI」で演技力以上に克服すべきものとは?

20150807kawaei

 AKB48卒業後の初仕事として、舞台「AZUMI幕末編」(9月11日~24日)で主演・あずみ役を務める川栄李奈。大きな注目が集まるこの舞台で彼女が克服すべきものは演技力ではなく、生まれ持った体格なのかもしれない。

 同舞台のイメージプロモーションビデオでは、日本刀を軽々と振り回している川栄。表情にもキレがあり、昨年春クールのドラマ「セーラーゾンビ」(テレビ東京系)にてスキルの高い女優と評価されたのも納得だ。

 とはいえ、映画版であずみを演じた上戸彩や、舞台第1作目の主演を務めた黒木メイサと比較されるのは致し方ないところ。しかも、努力では変えようのない条件も克服しなければならない。それは背の高さだ。

 川栄は152センチで、アイドルとしては標準的かもしれないが、女優としては小さいほうだろう。ちなみに上戸彩は162センチ、黒木メイサは165センチと、女性としては大柄なほうだ。ドラマや映画ならさほど問題にならない背の高さだが、舞台だと共演者の間に埋もれてしまいかねない恐れがある。

 しかも今回の舞台で共演する俳優は長身ぞろいだ。坂本龍馬役の浅香航大は182センチ、あずみの実兄・駿介役の渡部秀は180センチもある。女性キャストも167センチの岡本あずさや162センチの藤本かえでなど、川栄より10センチ以上大きなキャストばかり。川栄は常に相手を見上げながらの演技を余儀なくされそうだ。

 なお、あずみと敵対する圭次郎役の久保田秀敏は175センチ、宿敵・壮太役の早乙女友貴は168センチと、全キャストのなかでは小柄なほうとなっている。もしかしたら殺陣のシーンでは、背丈の違いを考慮したのかもしれない。

 ともあれ、もし背丈が理由で川栄の演技が埋もれてしまうようであれば、それは女優としての限界も低かったことになりかねない。一方で、背の低さをまったく感じさせない舞台になるようであれば、川栄の存在感がそれだけ大きいということになる。川栄がどんなあずみを見せてくれるのか、ファンならずとも注目だろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”