芸能

元AKB48川栄李奈が舞台「AZUMI」で演技力以上に克服すべきものとは?

20150807kawaei

 AKB48卒業後の初仕事として、舞台「AZUMI幕末編」(9月11日~24日)で主演・あずみ役を務める川栄李奈。大きな注目が集まるこの舞台で彼女が克服すべきものは演技力ではなく、生まれ持った体格なのかもしれない。

 同舞台のイメージプロモーションビデオでは、日本刀を軽々と振り回している川栄。表情にもキレがあり、昨年春クールのドラマ「セーラーゾンビ」(テレビ東京系)にてスキルの高い女優と評価されたのも納得だ。

 とはいえ、映画版であずみを演じた上戸彩や、舞台第1作目の主演を務めた黒木メイサと比較されるのは致し方ないところ。しかも、努力では変えようのない条件も克服しなければならない。それは背の高さだ。

 川栄は152センチで、アイドルとしては標準的かもしれないが、女優としては小さいほうだろう。ちなみに上戸彩は162センチ、黒木メイサは165センチと、女性としては大柄なほうだ。ドラマや映画ならさほど問題にならない背の高さだが、舞台だと共演者の間に埋もれてしまいかねない恐れがある。

 しかも今回の舞台で共演する俳優は長身ぞろいだ。坂本龍馬役の浅香航大は182センチ、あずみの実兄・駿介役の渡部秀は180センチもある。女性キャストも167センチの岡本あずさや162センチの藤本かえでなど、川栄より10センチ以上大きなキャストばかり。川栄は常に相手を見上げながらの演技を余儀なくされそうだ。

 なお、あずみと敵対する圭次郎役の久保田秀敏は175センチ、宿敵・壮太役の早乙女友貴は168センチと、全キャストのなかでは小柄なほうとなっている。もしかしたら殺陣のシーンでは、背丈の違いを考慮したのかもしれない。

 ともあれ、もし背丈が理由で川栄の演技が埋もれてしまうようであれば、それは女優としての限界も低かったことになりかねない。一方で、背の低さをまったく感じさせない舞台になるようであれば、川栄の存在感がそれだけ大きいということになる。川栄がどんなあずみを見せてくれるのか、ファンならずとも注目だろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?