芸能

100キロマラソンのDAIGOを阻む困った連中とは?

20150811daigo

 8月22日~23日の「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にてチャリティーマラソンランナーを務めるDAIGO。その距離が大台の100キロになることがわかった。気になるスタート地点だが、日本武道館から100キロの位置には三島や高崎、宇都宮や水戸といった主要都市が連なる。道路が曲がっていることも考慮に入れると、スタート地点の候補は無数にあると言っていいだろう。

 テレビを観ながらそんな予想をするのは楽しいものだが、これが「DAIGOが走っている姿をこの目で見たい!」となると困りもの。走路に観客が押し寄せようものなら渋滞は必至だし、事故の危険性も高い。そして今回、大きく懸念されているのが、DAIGOが走っている様子をネット生中継しようと試みる者たちの存在だ。

 その多くは、ニコニコ生中継を使っている“ニコ生主”と呼ばれるネットユーザーである。「FNS27時間テレビ」(フジテレビ)の88キロマラソンでは、あるニコ生主がランナーの大久保佳代子と並走し、体がぶつかる場面も。事故には至らなかったものの、状況次第ではお互いが転倒する危険もあり得たのだ。

 マラソン以外にもニコ生主がしでかしたトラブルは数多い。自殺した学生の葬儀に潜入しようとしたり、ドローンで話題になった中学生の自宅に突撃するなど、何らかの事件に関係した場所からネット生中継を行うケースが多いのだ。その際に現場の関係者や警察官と揉めることも多く、不要な混乱を招く結果となっている。

「ネット生中継というと大げさな機材が必要なように聞こえますが、実際にはスマートフォン1台あればできるほど手軽になっています。そのため、現場周辺にいる誰が配信を試みようとしているかを事前に見抜くのはほぼ不可能ですね」(ネット事情に詳しいIT系ライター)

 だからといって、マラソン中のDAIGOに誰も近づけないほどの厳重な警備を敷くのは困難だ。前出の大久保佳代子の例では、大手警備会社が大量のガードマンを動員していたが、それでも一般人が大久保に近づくのを完全に阻止することはできなかった。最後は人々のモラルに頼るしかないのが実情である。

 実際、ほとんどの番組視聴者は、マラソンに一般人が乱入するのを見ても不快感しか抱かないもの。ごく一部のネット住民にアピールしたいという利己的なニコ生主が、せっかくのチャリティーマラソンを妨害するような暴挙に出ないことを切に願いたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
2
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
欅坂46・平手友梨奈の脱退を茶化した一発屋芸人が炎上!
5
山里亮太が明かした“妻・蒼井優”にまだまだ慣れない飲食店での“恥”惨事